この投稿をInstagramで見る

78nanahachiの納屋をアトリエとして活用してくださっている @hanatemariworks のにしざわかおりさんは テマリの「かがる」という美しい日本の伝統技術を伝えてくださっています。 籾殻を和紙に包んで作る土台を作ることからスタートし、 幾何学模様のアート表現、 草木染めの糸を使うことで、その色彩から植物への興味へ誘う世界があります。 先日桜染め🌸された絹糸はとても美しかったです。 4月にこの糸を使い素敵な企画が予定されています。 どうぞお楽しみに🌸 #Repost @tremolo2012 with @get_repost ・・・ 特別なさくら♡ ・ ・ ・ @78_nanahachi の、桜染の会に参加してきました^ ^ 主宰のリコさんが、桜の枝を何度も煮出して手間暇かけて育ててくれた染液で、私は糸を染めました^ ^ ・ ・ ・ ハナテマリワークス 草木染め絹糸 はじめました♪ ・ ・ ・ 4月にこの糸を愉しむ手まりの会を予定しています^ ^ ・ 鬱金桜(ウコン桜は黄色い桜)、御衣黄(ギョイコウは緑っぽくて真ん中が鮮やかなピンク色になる桜)、調べてみると色んな桜がありますね!かがりたーい! ・ ・ 何百年も生きてきて、今もそこにある、桜が見てきた景色に想いを馳せながら。 優しい桜色を目の前にすると、枝を分けてくれてありがとうとこっそり呟きたくなる。 桜の恵みに触れながら、時を刻む様に手まりをかがる。 ・ ・ ・ 楽しみです♪ #ハナテマリワークス#草木染め#草木染め絹糸#絹糸#桜染め#夜桜#寒桜#和の彩り#日本の春#和の心#桜色#さくら#ひなまつり#雛祭り

78nanahachi*Rico(@78_nanahachi)がシェアした投稿 -