ベンガラ染めの型染めワークショップ開催のお知らせです。

ベンガラ染めのことは、
以前から染め仲間の内で興味を示しておりましたが、
今回「古色の美」東京担当の
ノマさんを講師にお招きし、
ワークショップを開催いたします。
78nanahachiでは初のベンガラ染めです。
是非一緒に体験してみませんか?





□内容
土の染料メーカーである「古色の美」が日々丹念につくりあげた自然染料を使い、「型染め」で自分だけの作品をつくりませんか?

ベンガラとは土から作られた自然染料です。元々赤系の顔料でしたが、古色の美ではさまざまな加工技術により現在は土からたくさんの色を作っています。
400余りあるオリジナルの型から自分の好きなものを選び、染めていただきます。
ご自分の染めたい素材をご持参いただけます。時間内でしたら無制限の「染め放題」ワークショップです。


□ベンガラ型染め
型染めは、文様や絵柄を手彫りした型紙を生地に置き、糊や染料で染め上げる染色技法です。
歴史は古く奈良時代にはあったとされ、京友禅や沖縄の紅型、注染に使われ、着物や浴衣、手ぬぐいなどを中心に染められていました。








□素材について  
「綿、麻、絹」などの自然素材がよく合います。また、色合いは淡い色、無地でなくても多少柄が入っていても大丈夫ですが(ボーダーなど)、あまり濃い色の素材ですと、染めても見えづらいです。これまでに、ハンカチ、Tシャツなどのシャツやブラウス、トートバッグ、巾着袋、晒などを染められることが多いです。
※若干の素材はこちらでもご用意しています。


日時
11/12(火)
一部 10:30〜12:30 (キャンセル待ち受付中)
二部 13:30〜15:30 (キャンセル待ち受付中)


場所 78nanahachi
(埼玉県ふじみ野市駒林78)

参加費 お一人4000円
(講習費・染料など材料費込み)

持ち物 
染めたい素材(自然素材)
エプロン
飲み物

定員 各回8名様

□講師プロフィール 

ベンガラ染め作家。型染めや手描きで絵を描き、作品や、手ぬぐいやバッグなど日常使いのものづくりを手がけている。
夫とのユニット「本と余白 遊暮舎(あそぼしゃ)」として月に1度自由が丘でslowマルシェを開催したり、自宅で作品を制作したりしている。また、関東や関西で、これまで30以上のワークショップを開催してきた。「古色の美」の東京担当。現在、大阪のベンガラメーカー「古色の美」の代表について、またベンガラの歴史についての本を執筆中。

ワークショップのお申し込みは