本日は草木染めラボの日。


染料は5、6月に収穫し、

春夏秋冬、

毎日の食生活にかかせない、

大事な食べ物であるタマネギ。

みなさんは年間通してどのくらい食べていますか?

その料理の時に捨ててしまう、

外側の茶色の薄皮は染料として使われていました。


キッチンに袋を下げておき、

剥がした薄皮を入れておいたらいつのまにかたまるもの。

そんな日常のものから色をいただきましょう。

紫タマネギの皮はポリフェノール含有?!

ピンクが出るのでしょうか


今回は浴衣地などの模様「雪花絞り」やモダンな柄出せる人気の「板締め絞り」を体験していただきました。




紫の皮でも普通のタマネギと同様の山吹色でした。

ピンク色は出ませんでした〜〜










タマネギの染料は少量でも強い色が出ることが確認できました。


はじめての絞り染めはいかがでしたか?

100cmの手ぬぐいの世界、

自由にわき出る感性を楽しみましょ♪




梅雨の最中、霧雨が降ったり、止んだりしましたが、

みなさんのノリノリ!

本日もワイワイと楽しい時間をありがとうございました♪


次回草木染めラボは夏を越して10月に。


秋に元気でお会いしましょう!