ひだまりさんのタネ

テーマ:

2/5オープンデー

畑あそびの日に

山梨からひだまり暮らしの花枝さんがお越しくださいました。




昨年ひだまりさん主宰の「はたけ日和2018」の全6回に参加し交流させていただく中で

たくさんの学びとエネルギーの交換、

ただ楽しいだけでなく、

自分の土地に戻って出来ることを確認させていただいた時間でもありました。


花枝さんといつか一緒に草木染めやりたいね、

と言っていたこと、

早々に叶って嬉しかったです。


お土産にひだまりさんで採れた大根の自家製のたくあん。


色付けはもちろんクチナシ。

ポリポリとあとをひく美味しいたくあん。

大きさを揃え見た目も美しく愛おしい。





そしてご主人の靖行さんからは、

貴重な青大豆のタネをお預かりしました。

何年も採り、選りすぐり継がれきた種です。


果たして78畑で育ってくれるでしょうか。一緒に学んだ畑のお仲間と頑張って育ててみようと思います。



絵本の「ふしぎなたね」のように、一粒食べて一粒撒いて。そんな風に少しづつ増えていくでしょうか。



うまく行かなくてあきらめかけていた作物にもリベンジしてみようと意欲がわいてきました。


ひだまりさんに農的暮らしの奥深い楽しみを教えていただいています。




住む場所は遠くても交流ができる現代のテクノロジーに感謝です。

これからもよろしくお願いいたします。