月一の草木染めラボ

今月テーマは「茜」


現在、日本茜は栽培が難しく希少ということで

西洋茜の乾燥根を使用します。



茜(アカネ)はツタンカーメンの時代から染色されている最古の染料植物で藍や紅花と同じ有用な薬用植物です。


茜(あかね)

草かんむりに西、と書くのは、

西の方角、夕焼けの色に染まるから。

あかねと読むのは

赤い根から色素がとれるから

とも言われているそうです。



縫い絞りの方法をシェアして、

デザインを考えているところ。



縫い絞りは結果
生地の特性も知るチャンスとなりました。


久しぶりに火を使いました。
5番だしまで


先媒染か後媒染で
発色の違いに気づくこともあり。




茜の朱赤は何より気分を明るくしてくれます。




媒染別のカラーチャートづくりもしっかりと。


昼食後は紺屋藍を使って板締め絞りの練習です。

柄の出し方が意図的にダイナミックに、

そしてスピーディになってきました。




板締め絞り





おやつの時間もいとたのし


課題製作の目標に向かって
ゆっくりレベルアップを目指す
ラボ時間。

今月もありがとうございました。