一年ぶりにロンドンからのお客様を囲んで藍染ワークショップをひらきました。


絞り染めのデザインが楽しいこの企画は私も大好き。






絞りに真剣になるスチュワート氏(左)





絞りを解いて広げるまで柄がわからないワクワク感



奥様の由紀子さんの雪花絞り、真似したいくらい好みです。


今日はカメラ持たずに染めを楽しんでくれたyukari ちゃん。

陽の光と風にあてると緑から青に変化していきます。

繭子さんの絞りは綺麗な曼荼羅模様に

パールジュエリーデザイナーの洋子さん、白抜きの小さな丸が真珠のようになりますように


型の使い方が斬新!

スチュワート氏はご自身のアートクラスでやりたいと目を輝かせていらっしゃいました。



みなさんの独創的な作品が並ぶと胸が熱くなります。



茶道講師をしている繭子さんからの粋なお土産。



ケータリングランチは自作(厳密にいうとほぼ自作)の花籠を器に使ってもらいました。
面倒なオーダーにも関わらず面白がって手掛けてくださったそらいろカフェさんに感謝します。

グラスのドリンクはビールではなく
自家製梅シロップのソーダ割りです。







暑さも忘れて童心にかえった一日でした。

楽しいひと時をありがとうございました。