華やかな紅花染め

テーマ:

昨日は蔵前の @maito_design さんにて、

草木染めワークショップに参加いたしました。


染料は紅花。


日本三大色素、ムラサキ、藍、そして紅花。


{B6F13199-85BB-4159-A76F-E3557B6C4225}

{D07BCD6A-8DBF-48CF-9B90-3505D45F8F12}

{C8818E7C-37EA-46BA-9F72-0B8142B04306}

{1046BB1E-B9D4-4D1E-8DC6-87B5108B07F0}

この植物の染料の出し方の工程は本当に特別でした。


みなさんが布に移す色、

Theピンク💗

はかなりテンション上がり、

ワークショップ中は拍手しっぱなしな私(笑)


みんなで紅花染めを身に纏い、

ランウェイを歩いたら絶対かわいいと思う💕


なんてニヤニヤ妄想。


紅花は9割が黄色、1割が紅色を持つ植物だそうで、

江戸時代では黄染めは庶民の染物、

紅染め高貴な人しか着ることが許されなかったそうです。


今回は無縫製ホールガーメントで編み上げたMAITOさんオリジナルのニットを選びました。


{D2197ADB-EF29-4960-8630-E87B19640688}

ウール100%のセーターを染めました。

(ストールはお借りしました)



紅染めを庶民にも纏える時代にしてくれた先人の方へ、貴重な体験が自分へのご褒美としていただけたことに感謝いたします。