栗の毬(イガ)染め。草木染めラボ

テーマ:
毎月第二火曜日の草木染めラボ。

10月のテーマは栗の毬(イガ)染めです。
八ヶ岳遠足の際にみんなで拾ってきたものを使いました。

{932D0BEC-EB21-4BF6-9175-442F66D07BE5}

{C5A71A2C-9877-4BE8-9951-4299DEE454DF}

縄文時代から人の食を助けていた栗。

その毬(イガ)の染液。タンニンが抽出されて良いお仕事をしてくれるようです。



{0ED42709-6909-4C1B-8EA6-180892B1872E}


栗の毬の染液で染めたもの。

媒染方法の違いでこのようなグラデーションになりました。

時代劇で馴染みのある色味だとおもいませんか?


{80C1594E-635F-4004-ACA3-38DD455ADF89}

草木染めラボは、季節の植物から染液を抽出し、木綿、絹、ウールや麻などの天然素材に染色し、カラーチャート(色見本)作りをメインテーマとする、実験的な講座内容になっています。

午後にはお手持ちの洋服や布バッグなどを持ち込みいただき自由に染色をしていただく時間もあり、
そのお手伝いもさせていただいています。


{6995894D-327B-41D9-9D83-09149CA8E92F}

お気に入りの麻のワンピースも、草木染めをすることで少し張り感が生まれ、リメイク完了。

{AD39D40A-D194-4B8E-AD3F-5214ED5B1185}
色が変わって新たな気持ち。同じ染液で染めたリネンウールストールとブローチでワンポイント。草木染めファッションのコーデも楽しみたい。



先月は日帰り遠足にも出かけました。
{9F9D5527-5E76-4A83-A660-2A15F237C41F}


こちらでご用意した素材の他、
ラボメンバーさんからご提案いただいた課題に取り組んだり、
{27295CEC-DAB7-4A46-B090-A8441F9574E7}

{B07D6A0B-C52C-4903-85B3-829CFBAA487A}
藍の生葉で染めた原毛のクラフトに挑戦





草木染めに触れる時間を1日かけて味わう講座、

「Plant Dyeing Laboratory

草木染めラボ」

新規募集のお知らせは来年3月を予定しています。



10/29(日)イベント開催


AD