藍の生葉染め体験&ランチ交流会

テーマ:

藍の生葉染めのワークショップ、

グループでお申込いただき開催いたしました。


{7217BF1C-D259-4CD5-95A0-765E23EA56DD}


{5D1E4396-3E48-41F4-8723-FBD44E60053C}


雨不足で生育が伸び悩み、

染料を変更しようと思いましたが、

数日前の試染めで、大丈夫!と確信。


少ない葉でも「青」を出す、藍のプライドに感動。

染料に決定しました。



{B1959E64-5DBF-4153-8113-00DAE62D7D01}


この葉の中にインディカンいう無色の物資が潜んでいます。

{9EF58E44-8EEF-4379-9A01-ECE37A17B7DB}


{1F841226-E9C1-47DD-BCE6-D9700212B827}

藍の葉を茎から外してゆきます。

{1E47B07F-2C34-4480-80C9-0EFADD24C2C3}

ご家庭で手軽にできるようにと、
藍の葉をハンドブレンダーでミキシング


{5F003FAA-F3DA-4936-B3E3-ED11F92FECA8}

生徒さん100名を率いるお料理教室の先生は
ブレンダーを持つ手つきがかっこよかったです。

{B194F651-8DCC-4BB2-AE33-54FF0C65CBDA}

細かくなった葉を濾して染液を抽出します。


{79F476DD-7D40-4C05-9953-28602AF80AE5}

染液は綺麗な緑色、主に葉緑素ですが
葉を細かく刻んだことでインディカンという物資がインディゴという色素に変化しています。


{62B53C6B-33A1-48D4-9927-72860AB2FAF7}

染液に浸けてよく揉みこみ、インディゴの色素を繊維にうつします。

そして空気に触れ酸化させると

どんどん水色に変化して....


この瞬間はやはりテンションあがりますね〜〜


{412B1BAE-0F59-4770-82BD-9FFF0FE88B1C}

{7BA9A550-9701-4855-9ABC-AE46649F63AE}

{F88E75CB-D3FC-456C-B848-45F3DCB6574C}




{00CB0C94-8289-4CA2-BADA-8195ADF3C7DD}

おしゃれ上手な方々なのでシルクオーガンジーに染まった青がよくお似合いです。
暑い中でしたがみなさまの笑い声が癒しとなり、
楽しい時間を過ごすことができました。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
そしてこの度ナビゲートしてくださった78フレンズの佐伯ようこさんに感謝いたします。

{2FAA1C61-C2A2-430B-BE65-FA9C1A7690EC}

普段は、人気講師、セラピスト、アーティスト活動をされていらっしゃるみなさま、
夏をあそび、リフレッシュされていたら嬉しいです。

まかないのランチボックスと自家製赤紫蘇ジュース
{163A0AFA-5323-4705-8538-273732758594}

{41908B09-ECD9-49A3-87B5-2CF638D7AC3B}

78スタッフが試作を重ねて完成したグルテンフリーのくるみバナナマフィン
をお召し上がりいただきました。


{836A9831-666F-448D-B68C-E251DA6C98F8}

草木染め講師  野間みち(ハーバリスト)
ウェルカムフラワー  向井 明美(フラワースタイリスト)
企画 横山 頼子(78nanahachi)



78nanahachi では3名以上のグループでご参加頂ける場合、草木染めやお花、ハーブや保存食づくりなど、季節ならではの体験ワークショップを企画いたします。

お気軽にお問い合わせくださいね。


AD

コメント(2)