世界の暮らしを表現するコラボレーション空間 ~綿半銀座ギャラリー | 澁谷耕一の毎日の出会いに感謝

テーマ:
先日、銀座にある「綿半銀座ギャラリー」を訪問してきました。

このギャラリーを企画・運営している綿半ホールディングスは、1598年に長野県で綿屋として創業し、現在では建設、貿易、環境関連事業等、幅広い取り組みをされています。

綿半銀座ギャラリー1

綿半銀座ギャラリーは、美術品等を展示するいわゆる「画廊」ではなく、「人間ギャラリー」というのが特徴。これから世界で活躍する人、世界へ紹介したい人をテーマに、デザイナーやアーティストだけでなく、農業生産者や企業人など幅広い分野で活躍する人々を取り上げた、「ライフスタイルギャラリー」です。

私がお邪魔した際には、株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所の赤池学氏のギャラリーが開催されていました。

綿半銀座ギャラリー2

赤池さんとは、フードアクション・ニッポン・アワードの審査の際にご一緒させていただきましたが、食のプロデュースだけでなく、空間デザインや環境、ものづくりなど、様々な分野でご活躍されており、その幅の広さに驚きました。

また、私と同じようにお子様が幼い時に奥様をガンで亡くされているとのことで、不思議なご縁を感じています。

綿半銀座ギャラリー3

綿半銀座ギャラリー副所長の中山さんと。

ご縁があって、綿半ホールディングスの野原社長とは以前から親しくさせていただいておりますが、今回の赤池さんの展示など、いつにも増して日々の素晴らしい出会いに感謝した一日となりました。


綿半銀座ギャラリー

東京都中央区銀座5-6-5 NOCO 5階
TEL:03-3573-1598
http://watahan.co.jp/cotton1598/







澁谷耕一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス