「フルーツ王国」山梨県より旬の味わいが届きました。 | 澁谷耕一のおいしい生活

澁谷耕一のおいしい生活

日々の暮らしの中で出会った「おいしい」ものたちを
徒然にご紹介します。
日本各地の特色ある食べ物からお店紹介まで、
食に関するさまざまな事柄を綴っていきますので、
どうぞよろしくお願いします!


テーマ:

先日、都留信用組合の細田理事長より、とても立派な山梨のぶどうが届きました。

 

 

1粒の大きさが500円玉ほどもある「藤稔(ふじみのり)」は、「井川682」と「ピオーネ」の交配種で、昭和60年に品種登録されたぶどうです。

 

「こんなに粒の大きなぶどうは初めて!」と、社員も大変盛り上がっておりました。瑞々しく甘みの中に程よい酸味も感じられて、見た目よりもさっぱりといただけます。

 

 

 

「ゴルビー」もとても大粒で立派です!

「レッドクイーン」と「伊豆錦3号」の掛け合わせというこの品種は、酸味が穏やかでジューシーな甘さがありました。

 

名前の由来は、旧ソ連のゴルバチョフ書記長だそうです。

ちょうどゴルバチョフ書記長が来日された年に登録となったので、書記長のニックネーム「ゴルビー」と名付けられたのだとか。

面白いですね。

 

 

 

鮮やかで艶のある「シャインマスカット」は「安芸津21号」と「白南」から生まれた品種。皮ごといただいた時の弾ける食感と爽やかな甘さが美味です。

 

 

 

果物王国 山梨県の旬を堪能いたしました。

細田理事長、この度はお心遣いをいただきありがとうございました。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

澁谷耕一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス