初夏の優しい味わい~「唐川びわ」 | 澁谷耕一のおいしい生活

澁谷耕一のおいしい生活

日々の暮らしの中で出会った「おいしい」ものたちを
徒然にご紹介します。
日本各地の特色ある食べ物からお店紹介まで、
食に関するさまざまな事柄を綴っていきますので、
どうぞよろしくお願いします!


テーマ:

愛媛県伊予郡にある学校法人エンゼル学園の勝見理事長より、立派なびわが届きました。

 

 

今ではどこか懐かしい果物になりましたが、昔は近所にびわの樹があって、よく木から直接もいで食べたものでした。

 

 

びわは元々中国が原産の果物で、日本で本格的な栽培が始まったのは江戸時代末期だそうです。唐川地区では江戸中期に栽培が始まりましたが、現在の主要品種である「田中」が導入されてからは、日本一出荷が遅い産地として知られています。

 

 

びわはとてもデリケートな果物なので、春の「袋掛け」や収穫・選果・パック詰めなどの作業もすべて手作業で行うのだそうです。

 

季節を感じながら、優しく、上品な甘みを堪能しました。

勝見理事長、素敵な贈り物をありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

澁谷耕一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス