澁谷耕一のおいしい生活

日々の暮らしの中で出会った「おいしい」ものたちを
徒然にご紹介します。
日本各地の特色ある食べ物からお店紹介まで、
食に関するさまざまな事柄を綴っていきますので、
どうぞよろしくお願いします!


テーマ:

横浜市旭区の大規模団地「若葉台団地」の商店街内に、22日「コミュニティ・オフィス&ダイニング春」がオープンしました。

若葉台団地は、昭和54年(1979年)に分譲を開始した団地です。

当時としては珍しい高層建築、中央には大型の商店街や広場を配置し、敷地内には学校や公園、グラウンドなどが整備され、ファッショナブルな新興団地として若い夫婦がこぞって入居したそうです。

しかし、郊外型団地によく見られるように、「少子高齢化」「入居率の低迷」という課題に若葉台団地も直面しています。

そこで、団地再生の方向性を「元気なシニア世代の生きがいの創出」「団地内への若年・子育て世代の流入」を目指し、「持続循環型のコミュニティを創設すること」を目的として、この施設がつくられました。

オープン前日の21日にはプレ・オープンイベントを開催。

私もイベントの試食会に参加してきました。

ダイニング春を監修するのは都内の有名和食店「青柳」の主人、小山裕久氏。

和食料理人でありながらフランスとの交流も深く、ジョエル・ロブション氏とも親交が深いとのこと。フランス政府からも農事功労賞シュバリエを授与されるなど、一流の料理人です。


テーブルセット

ダイニングでは、神奈川が提唱する「健康寿命を延ばす」「未病を治す」といった施策を踏まえ、健康増進に留意したメニューを提供します。

そして県内産野菜の活用や、定期的な料理教室の開催も行う予定です。


プレオープンの試食では、春を感じさせるお料理が提供されました。


1_春スープ白

まずはじめに前菜として供されたのは「春スープ白」

こちらのスープは油脂を使わずダシも加えず、野菜と水だけを使って素材の旨みと美味しさを引き出したもの。

すーっと身体に沁み込むような、優しい味わいです。



2_プランタン

そして2品目は「プランタン(春)」。

無農薬や有機栽培の野菜をたっぷり使った春の一皿です。

野菜そのものの味わいと食感が楽しめる、彩りも美しいお料理です。



3_トリのファルス

メインディッシュは「トリのファルス、大きなフレンチフライ、バルサミコのソース」。



4_パン

パンは天然酵母の香りが活きています。



知事試食

黒岩知事も笑顔で試食。

「団地再生の方向性として新しい、神奈川らしい取り組みになる」と期待を寄せています。



若葉台団地は、JR横浜線「十日市場」駅よりバスで約10分、他「長津田」や田園都市線「青葉台」駅、相鉄船「三ツ境」「鶴ヶ峰」駅などからもそれぞれバスが出ていますので、ご興味のある方はぜひ足を運んでみてください。



▼お問い合わせ先など、詳しくは神奈川県のニュースリリースをご覧ください

http://www.kanagawa-jk.or.jp/pdf/wakabadai/wakabadai-haru.pdf









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

澁谷耕一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。