ねぇ~!リッキー~second place~

ねぇ~!リッキー~second place~

Happiness by living together with a rickey


ご報告が遅くなりましたが…

 

4ヶ月程前の4月24日。リッキーがこの世を去ってしまいました。

 

 

 

 

突然、あまりに突然の出来事で寂しくて悲しくて苦しくて、「何で何で…」と泣いてばかりの日々。。

 

ワン友さんにもブログでの報告することもできず、あっという間に4ヶ月も過ぎてしまいました。
 

 

 

 

16歳と3ヶ月半の犬生…長生きしてくれてありがとう。

もっともっと長く生きて欲しかったけど、認知症と闘うリッキーの日々はとっても大変だったから、眠るように安らかに旅立ててよかったのかもしれないね。

 

 

 

 

リッキーが5歳の頃からお世話になっていた、かかり付けの病院からお花が届きました。

Y先生、長い間ありがとうございました。

 

怖くて暴れてしまうリッキーにも優しく接して下さり、何気ない些細なことも親身になって聞いて下さる、心強い味方のような先生に出会えて本当によかったです。

 

 

 

 

写真は1年前の4月にまだ走っていた頃のリッキー

やっとやっとの走りだったけど、15歳のおじいちゃんとは思えないほど可愛かったな~。

 

リッキーは旅立ってしまいましたが、今も変わらず事ある毎に「ねぇ~!リッキー」と今も話しかけています。

16年前、リッキーがやって来た時に不意に家族から出たこの言葉をブログのタイトルにしようと決めたのでした。

 

リッキーを可愛がって下さった皆様、ブログを通じて仲良くして下さった皆様、本当にありがとうございました。

まだ対面でお話するのは厳しいので、気持ちの整理をつけながら、もう少し思い出を綴っていこうと思います。(ゆっくりと)

 


お返事ができないので、コメント欄は閉じています。m(_ _ )m