起業家・社長・講師のために

売れる文章を書く専門家

今野富康です。

 

セミナーとか、

 

研修とか、

 

勉強とか、

 

好きですか?

 

 

 

えっ、

 

お前はどうなんだ?って

 

私は割と嫌いです(笑)

 

 

 

私の場合は

 

座って人の話を聴くくらいなら

 

とっとと自分で手を動かして

 

やってみたいタイプなんですよね(^_^;)

 

 

 

だいぶせっかちなので。

 

 

一方で、

 

セミナーの集客や実施、登壇、運営、

 

研修の講師側などをいろいろ

 

やらせてもらっています。

 

 

伝える側の立場にたってみると

 

そこから成果を得られる人と

 

得られない人の差は結構明確にあるなあ、

 

と思っています。

 

 

 

今日は

 

セミナーや研修を仕事に活かせる人と

 

そうでない人の差について解説しますね。

 

----------------------------------

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

 

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」

 

へのご登録はこちらから。

----------------------------------

 

「活かせる人」は考え、

「活かせない人」は覚えようとする

 

まず、大前提として、

 

セミナーや研修の場に「お勉強」しに

 

来る人は学びを活かせない人が多いです。

 

 

というのは、

 

「活かせる人」は成果を出すために

 

学びに来ているのに対して、

 

「活かせない人」は

 

知識やスキルを学びにきているんです。

 

 

 

つまりは、目的意識が根本的に

 

違うということ。

 

 

「活かせる人」は

 

成果は知識や情報からではなく

 

行動によって生まれることを知っています。

 

 

 

なので、

 

「活かせる人」は学びを実践にうつす

 

スピードがデラ早い。

 

 

 

人によっては、

 

セミナーなり、講座なりを受講している間に、

 

学びを自分のビジネスに応用する方法を編み出したり、

 

実践していたりします。

 

 

 

 

学びを売上につなげている人は

 

とにかく学びと実行の間の時間的距離が

 

短いのが特徴です。

 

 

 

 

逆にあーでもない、

 

こーでもないと

 

学びをこねくり回す人は

 

成果を出しにくい傾向にあるように

 

思います。

 

 

 

学びを売上につなげられない人の

思考の癖

 

目的意識があるのに、

 

「活かせない人」というのも

 

いるんですが、その場合は、

 

思考の癖が邪魔をしています。

 

 

 

例えば、

 

講師が言った方法論を

 

そのまま実行しようとすると

 

「うちの業界には使えない」

 

「自分の仕事には合わない」

 

「今の仕事ではできない」

 

ということが出てくるはずです。

 

 

 

それは当然で、

 

講師は自分の経験や見聞きした範囲で

 

方法論やノウハウ、知識を

 

伝えているいますから、

 

話を聴いている人にジャストフィット

 

したは必ずしもなってないのが普通です。

 

 

 

学びを活かせない人は、

 

この時点で思考が停止してしまいます。

 

 

 

学びを活かせる人は何をしているのか?

 

学びを活かせる人はと言うと、

 

セミナーや研修で学んだ知識やノウハウを

 

分解して、要点を抽出し、

 

自分の仕事に当てはめて応用しています。

 

 

 

学んだことから本質的な要素を

 

抜き出そうとするわけですね。

 

 

これは特殊な能力ではなくて、

 

単なる習慣の問題です。

 

 

 

活かせる人は、

 

物事の本質的な部分を

 

「つまり、○○だよね」という形で

 

理解している一方で、

 

ディテールについては

 

あまり覚えていなかったりします。

 

 

 

 

なぜかと言えば、

 

ディテールをそのまま覚えていても

 

自分の仕事にはそのまま使えない

 

ことが多いからです。

 

 

だから、本質を押さえて、

 

応用することを重視するというわけ。

 

 

 

詳細にまできちんと正確に覚えることが

 

「具象度」の高い知識だとすると、

 

詳細を削ぎ落として、

 

要点・骨組み・コツみたいなものを

 

抽出するのは「抽象度の高い」思考と

 

言うことができるでしょう。

 

 

 

もちろんジャンルにもよるんですが、

 

抽象度の高い思考ができる人のほうが、

 

学びを仕事に活かせることが多いです。

 

 

 

 

ポイントは単に丸暗記するのではなくて、

 

内容を自分なりに咀嚼して

 

本質を汲み取ろうとするスタンス。

 

 

 

ちょっと意識するだけで、

 

学びの質も深みも変わってきますよ^^

 

 

 

それでは、またお会いしましょう^^ 

 Até breve, obrigado!

 (アテ・ブレーベ・オブリガード)

 

 

 

 

 

フリーランスのための月商100万円を目指す
 

今なら、

月額4,980円を7日間無料お試しキャンペーン中!!!

 

関連記事:

【歓喜】異常値がでました!お客様からの成果報告

お客様の声をいただきました!(感涙) 

「登録を知らせるメールの通知がうるさいくらいでした 笑 」お客様の声 

お客様の声「今野さんはバーターのスペシャリスト」

衝撃!「LPのCV率が70%を超えました」お客様の声

 

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」への

 

ご登録はこちらから

 

ランキングに参加中です! 

クリックで応援していただけると励みになります!

 

 

人気ブログランキング

お問合わせはこちらまで。

 

Presented by 

いい商品を売れる商品にする会社 

株式会社northstar 

--------------------------------

 

今野の公式HPはこちら