起業家・社長・講師のために

売れる文章を書く専門家

今野富康です。

 

 

努力するものは遊ぶものには敵わない

 

ある本を読んでいたら

 

書いてあったんですが、

 

これは本当にそうだなと思います。

 

 

 

最近、

 

そもそもするのにモチベーションが

 

必要なことをやっている時点で

 

その仕事はあまり向いていない

 

可能性があります。

 

 

なぜなら、

----------------------------------

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

 

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」

 

へのご登録はこちらから。

----------------------------------

「やりたいこと」「好きなこと」を

 

するのにモチベーションなんて

 

最初からいりませんからね。

 

 

やりたくないことだから、

モチベーションが必要

 

モチベーションを必要とする時点で、

 

「やりたくないこと」「嫌いなこと」を

 

努力してやっている可能性が

 

高いと言えるわけです。

 

 

 

もちろん、

 

キャリアの中でそういう「努力」が

 

必要なときもありますから、

 

一概にそれが全て悪いとは思いません。

 

 

 

でも、

 

どうあっても好きになれないし、

 

嫌で仕方がなくて、

 

いろんな餌でつったり、

 

気持ちを上げないとできないような

 

仕事ならばやめて次を探したほうが

 

良いと個人的には思います。

 

 

 

それを続けて、

 

健康を害したり、精神を病むほうが

 

よっぽど危険だしリスクですからね。

 

 

出会った仕事を探求するのもあり

 

とはいえ、

 

自分がどんな仕事が好きか?

 

を最初から知っている人なんて

 

いませんよね。

 

 

 

 

そして、

 

今後いくつ仕事を変えたら、

 

好きな仕事に出会えるかもわからない。

 

 

だった、目の前の仕事を

 

好きになるくらい探求する

 

という方法もありです。

 

 

 

私の場合でいうと、

 

最初に営業職で就職したときは

 

営業が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

 

 

もっというと、

 

スーツを着た会社員という

 

働き方自体が嫌でしたし、苦笑

 

 

 

ホント失礼な話なんですけどね。

 

 

 

ついでに言うと、

 

私は営業適性が異常なほど欠如していて、

 

某・アメリカの有名な適正診断を

 

売っている会社のコンサルタントに

 

「営業だけは向いていないですね」

 

と明言されたことがあります。

 

 

 

実際、仕事を始めた当時は、

 

会社にかかってきた電話を

 

取ることすらできずに、

 

隣の席の年下の先輩社員に

 

5、4、3、2、1、と

 

カウントダウンされていたくらいです。

 

 

 

なぜ、先輩が年下なのか?と言うと、

 

私が社会人になったのが28歳の時

 

だったからです。

 

 

 

でも、

 

仕事は営業という仕事、

 

売るという仕事、

 

それにまつわる人間の心の機微を

 

突き詰めた結果として

 

今やっていっている

 

セールスコピーライターという仕事が

 

成り立っているわけです。

 

 

 

もっというと、

 

私が就職したような時代には

 

セールスコピーライターのような

 

仕事は殆ど存在していませんでした。

 

 

 

 

なので、この職種を選ぶことも

 

不可能だった(^_^;)

 

 

 

そう考えると、

 

目の前の仕事を一所懸命に

 

やっているうちに好きな仕事に

 

たどり着いたと言えるかもしれません。

 

 

 

好きな仕事は遊べる

 

好きな仕事の良いところは、

 

「遊べる」ことです。

 

 

もちろんテキトーにやるとか、

 

いい加減にするとかではなくて、

 

自分なりのアイデアや好奇心、

 

工夫をしながら探求できるということ。

 

 

 

 

もちろん、

 

ご依頼いただいてする仕事である以上、

 

結果に対して責任やプレッシャーは

 

あるわけですが、

 

そんな中でも「遊び」の要素は

 

少なからずあるわけです。

 

 

 

 

そして、冒頭でもお話したように、

 

努力するものは遊ぶものには敵わない。

 

 

結果や成果を追いかけるのではなく、

 

仕事の中に

 

自分の探究心や好奇心を追求できるのなら、

 

その仕事は「遊び」になりつつあると思う。

 

 

 

そして「遊び」は「努力」を

 

遥かに凌駕する成果にたどり着く

 

可能性が結構高い。

 

 

 

結果や成果を手放したら、

 

結果や成果に近づくというのだから、

 

皮肉な話ですが、

 

実際問題、そういうものだと思います。

 

 

それでは、またお会いしましょう^^ 

 Até breve, obrigado!

 (アテ・ブレーベ・オブリガード)

 

 

 

 

 

フリーランスのための月商100万円を目指す
 

今なら、

月額4,980円を7日間無料お試しキャンペーン中!!!

 

関連記事:

【歓喜】異常値がでました!お客様からの成果報告

お客様の声をいただきました!(感涙) 

「登録を知らせるメールの通知がうるさいくらいでした 笑 」お客様の声 

お客様の声「今野さんはバーターのスペシャリスト」

衝撃!「LPのCV率が70%を超えました」お客様の声

 

メルマガ登録で

 

CVR70%のセールスレターを

 

生み出した社外秘のマニュアルを

 

無料プレゼント中!

お金をかけずに売上を伸ばす

 

アイデアを発信するメルマガ

 

「お金をかけずに売上アップ実践講座」への

 

ご登録はこちらから

 

ランキングに参加中です! 

クリックで応援していただけると励みになります!

 

 

人気ブログランキング

お問合わせはこちらまで。

 

Presented by 

いい商品を売れる商品にする会社 

株式会社northstar 

--------------------------------

 

今野の公式HPはこちら