スターバックス成功物語 | My Adventure Book マイアドベンチャーブック
新型コロナウイルスに関する情報について

My Adventure Book マイアドベンチャーブック

人生というアドベンチャーの記録です。

楽しいことや悲しいこと、生活の事、街の事
グルメに本、映画。ちょっとだけ仕事の事。

アドベンチャーを彩る記事を書いていこうと思います。

たった一度の人生。無駄に生きるな熱く死ね!






My Adventure Book マイアドベンチャーブック




スターバックス成功物語

ハワードシュルツ

ドリー・ジョーンズ・ヤング著

大川修二訳

日経BP社





タイトル通り、スターバックスが創業されて世界展開にいたるまでの物語です。


いや正確にはスターバックスの創業時のことは書かれておらず


ハワードシュルツ氏の伝記に近いです。





ハワードシュルツ氏というのがスターバックスの会長兼CEOです。


創業者ではありません。


スターバックスというお店はすでに違う方の手により創業されており


当時はコーヒー豆をシアトルあたりで販売している小売店だったんですね。


ハワードシュルツ氏はゼロックスや厨房機器メーカーの会社に勤めた後


出張で訪れたイタリアのコーヒー文化を魅せられてこの世界に足を踏み入れます。






つまりスターバックスの1社員から入ったんですね。


そこでコーヒーショップに止まらずカフェをやってもっとお客様に


コーヒーの魅力を伝えるべきだ、体験してもらうべきだという主張を繰り返しますが


経営陣に受け入れられず、この籍を追われます。






しかし自分の主張の正当性を信じていたので知人から投資家までを駆けずり回り


1年かけてかなりの資金調達をして独立しちゃうんですね。


ただ1店舗を開店するなら充分自己資金でまかなえた範囲ですが


なぜ、1年もかけて資金調達を行ったのか?


これは開業時から、スターバックスを越え、スターバックスを食うことを前提としてたから


だったんですね。


予定通りこの3年後、M&A


というか一方的な買収によってスターバックスを手中に収めます。






ここから現在のスターバックスのように販売とカフェの両面において


快進撃が始まります。






技術的なことや知識に関することも多く書いてあるビジネス書ですが


おいらが個人的にこの本から読み取ったことは


「好きなことを信じ続ける強さ」


「あきらめないことの大事さ」


「思いを実現することの楽しさ」


といった心の部分がないとやはりどんなに将来性がある仕事でも


自分が長続きしないんだろうなあ。ということ。









このハワードシュルツ氏はことあるごとに世界最高の経営者ともてはやされますが


実際、2001年に一度スターバックスから引退しております。


そこから一気に凋落が始まり、2007年には株価が半額に!


そこで2008年、ハワードシュルツ氏がスターバックスに会長兼CEOとして完全復帰。


2年後の2010年には過去最高売上、過去最高利益をたたき出します。


この再就任については「スターバックス再生物語」という本が出てますので


後日またレビューを書こうと思いますが。。。。。











なんなんすかね。これは。


たった一人の人間の持てる力が本当にこんなに大きいのだろうか・・・?


と思わずにいられません。








技術なら世界的企業の経営者はみんな持ってる。


知識だって、ハワードシュルツ以上のそれこそネイビーリーグのM&Aを持ってる人


いくらでもいる。


資金だってもっと豊富なところはいっぱいあるし。


いったい何が違うんでしょうか。










たった一人の人間が動いただけでここまで変わるものなのかって思う反面


この人の持つ力が大きすぎるために


様々な反力や応力がここに集中し、その力に耐えたり、応えたり出来てしまうんですけど


結局その一人に力が行き過ぎて


なんでこの一人の社長がこんなにも憔悴しないといけないのか。


とよく思います。


おいらの尊敬するジョブズもそう。ウォルトもそう。


みんな結果的に早死にしちゃうじゃないですか。









それは社会的に、大きな損失だと思ってるんですよね。


とてももったいないこと。








これ以上話すと脱線して戻れなくなりますのでこの辺で。







スターバックス成功物語。


これはビジネス書ではあるけども、一つのサクセスストーリーとして


胸のすくような、ウソのようなホントの話がつづられています。


そして背中を押してくれるような言葉の数々に勇気づけられるとこもありますよ。





「人が可能と思う以上のことを求めよ」




「人が達成可能と思う以上のことを夢見よ」




「人が許容できる以上のリスクをとれ」




















再見。