9月7日(土)に九州の博多に行き武道家・柔道整復師の疋田一直(ひきた・かずなお)先生とのコラボセミナーを開催いたしました。

 

午前中は宇美八幡宮にお参りして、天然記念物の巨大なさんにも会ってきました。

真っ直ぐな巨木のエネルギーに触れて、なんとも暖かい、癒やしの氣をもらい、満たされた気持ちで宇美八幡宮を後にしました。

 

 

 

 

午後から疋田先生のワークが始まるその前に、参加者の方と先生との間で禅問答音譜がありました。

「無を作るこつ?」

「日々自分をリセットする方法?」

様々な難解な質問に対して、疋田先生は丁寧に答えていらっしゃいました。

 

「自分でいる」「自然体でいる」ということがとても大切で、仕事をしているときの自分と家でくつろいでいるときの自分が違うのは自分を取り繕っていること、肩書きで仕事をしていることであり、自然体ではないので良い仕事ができないのではといった内容も含まれていました。

 

その後、その問答内容に沿った身体の使い方・エネルギーワークが行われ、続けて私が講義をさせていただきました。

 

講義が始まる前に、先生のワークと私の講義内容がどのようにつながるか考えました。

私は自分の仕事を義務と思ってしてきたことはほとんどなく、自分の興味のあること、自分が好きなことを探求し、自分の好奇心を持ち続けてきた結果が今にあるのかなと、このことが、前半の疋田先生の教えとつながるのではないかと感じながら講義を始めさせていただきました。

 

 

題はいつまでもを持ち続け健康で過ごすために」です。

 

私は常に好奇心に動かされ、自分のを実現しようとしていたように思います。

 

「老いてこそなお夢を語れ」

 

この言葉は、私にとっては今、本当に心に響く言葉となり、自分の人生の目的に向かう原動力となっているように感じます。

 

私がどの様な生い立ちで、どの様に代替医療を探求することになったか、更に色々な夢を持ち続け、それを実行しようとすることで、自分の人生を生きてきたことからお話しを始めさせていただきました。

 

1.漢方との出会い

 

2.がんに罹患した亡父が身をもって私に教えてくれたこと

 

3.自らの体調不良を立て直すために行った様々な治療法について

 

4.小麦、乳製品、砂糖を除く除去食の導入、さらにガンドリー博士のナス科、ウリ科の植物にも含まれるのレクチンの害についての知見の導入

 

5.腸内環境・腸内細菌の大切さと、腸の慢性炎症は脳にも慢性炎症の原因となり、老化の根本原因の一つであることの理解

 

6.遺伝子組み換え食品の害について

 

7.がんの予防に何が必要か

 

8.質の良い睡眠が脳の老廃物を洗い流して、脳の健康に役立つこと

 

9.筋骨格系の健康には、使用しなければ失うので、抗重力を意識した運動が必要なこと

 

10.半断食の効能について

 

11.エッセンシャルオイルを用いて、家庭の救急箱として使用でき、難病の治療に応用できる可能性があること

 

12.今後は波動機器を用いたエネルギー治療や整体の手技、遠隔治療によるエネルギー療法が重要となるであろう可能性

 

以上の内容を2時間の中でお話しさせていただきました。

 

今後、クリニックでは自由診療の中でエッセンシャルオイルと波動機器を用いたエネルギー治療を軸にして、治療を組み立てていこうと考えております。

 

 

 

年々異常気象が世界各地で起きており、絶滅危惧種の増加率が急上昇している状況です。

地球は人類だけが住んでいる星ではないです。

私は今、多種類の生物と人間が共存できる方法を探し出したいと、その夢に向かって模索しています。

 

今後クリニックの近辺で、またこの辺をテーマにしてグレードアップした内容で講義をしたいと考えています。

ご興味のある方は、是非参加していただければ幸いですおねがい爆笑

 

 

 

ゆいクリニック院長   由井郁子(ゆい・いくこ)

 

 

 

Copyright(C) 2019 Yui Clinic. All Rights Reserved.