リッチレッドのブログを見てくださっている皆様

初めまして。

今回初めてのブログを書きます、リッチレッドの中城と申します。

これからブログを通じて読んでくださるお客様と子供服のおはなしをたくさん出来たら良いなと思っています♪

どうぞよろしくお願いします。

 

1.12年前のハプニングえーん

 

 

私は現在3兄弟の母なのですが、長男の誕生の時には少々ハプニングがありました。

 

長男は小学校6年生なのでかれこれ12年前の話になりますが、

最初はお産はしない個人で営まれている産婦人科に通っていました。

 

妊婦検診では

「女の子ですよ」

と言われていました。

(しかも毎回!!)

 

すっかり女の子のママ気分で、生まれる前にピンクのお洋服を選んだり、

フリルの付いたおくるみを買ったりと、ラブ

 

まさか、男の子が生まれてくるとは知らずに、

「女の子だから」

と生まれる前からブランドのベビー服を買ったりしました。

 

そして30週頃、お産をするための病院に転院して初めての妊婦検診の時

「もう性別は聞いてる?」

「はい、女の子ですよね」照れ

「え!男の子だよ~ほらここにしっかりと…」

と先生から聞き、大きくなったお腹を出しながらしながら茫然…ガーン

 

買ったベビー服はすべて女の子のデザイン…。

しかも結構高価なベビー服も買っていたんです。

 

2.写真で残るベビー服グラサン

 

 

最初はもったいない精神で

「男の子でもピンクだってフリルだっていいじゃん!」

と着せる気満々でした。

でも、

「この服を着た写真が残るんだよね…」

と思い直し、

出産間近の私が手にしたのはPCでした。

(インターネットを使うにも当時はスマホなんてなかったので。笑)

 

「男の子のベビー服なんて可愛くないから安いのでいいや」

と半分やけになりながらえー

 

「男の子 ベビー服」

で探してみたところ、

可愛いアイテムがたくさん!!(=⌒▽⌒=)

 

プチプラなものからラグジュアリーブランドまで

沢山買ってしまいました。

男の子だからって可愛くないなんてことはなかったです♪照れ

 

3.ブランドベビー服の魅力ラブ

 

 

正直言うと、ラグジュアリーブランドのベビー服って確かに高いので買おうか迷いました。

でも上質な素材で赤ちゃんに優しい肌触り、

何度洗濯しても色褪せず丈夫、

そしてなによりデザインが個性的でおしゃれですおねがい

 

そして今自分で高級ブランドベビー服を取り扱う立場になり、

沢山の可愛いベビー服を見てきました。

 

12年前とは比べ物にならないくらい可愛いベビー服がたくさん出ていますね♪

 

普段のアイテムとしてはもちろん、

ここぞ!というときにはラグジュアリーブランドのベビー服とても素敵ですよ♪

 

出産祝いにもおすすめですウインク

 

高級子供服ブランド取扱店リッチレッドの店舗をのぞいてみる♪