大野 紀代美と申します。
孫5人のおばあちゃま(私)が
リボンローズ教室開講をきっかけに
 
日常のことやレッスン報告など
綴っていますので読んでみてね♪
 

 

 

 

 



今年に入り、思っていたことを


やっと始動することが出来ました。



私、経理部長という肩書きがあります。


イメージと違うでしょ(笑



経理に関することや採用にも


関わってきましたが


営業的なことは、全く経験なし。

 

 

色々思うことがあり


 

これから半年間、ギブ塾で学びます。

 

ギブ塾って何? 気になる方はこちらをクリック↓

 

https://ameblo.jp/hiroshima-jobwoman/

 




前列が2期生の方。



3期生の私たち!


後列、左が

骨格診断、パーソナルカラー谷田さん

右側が私。



もう一人、一緒に受講する中井さんの

写真はブログの最後に載せてます(^^)




先日、第1回目のギブ塾に行って来ました。



そこでの、気づきの一部分ですが


私と同じように教室運営をされている


方に、何かのお役に立てればと思い


学びの一部分ですが


ちょっと触れてみたいと思います。




教室運営をしていると誰しも


つい、集客のことにいってしまいます。



ビジネスですから、そこも重要だけど


そこだけに、とらわれ過ぎたら


生徒さんは、やっぱり感じるものがあります。



私も過去に沢山の習い事の経験があり

その中で感じたこともあります。



ギブ塾で気づかされたのは


今、ご縁をいただいている方を大事にする。



大事にするっていうことは

相手に喜んでもらうことが前提の

見返りのないギブ

わかりやすい言葉でアウトプット


これって奥が深い




私の場合は


生徒さんに出し惜しみせず知識を

お伝えすることだと思っています。



技術に関することだけでなく

自分が、素敵だと思ったお店や


生徒さんにとって嬉しいと思う

情報をお伝えすること


無用な、情報はただのおしゃべりで

終わるけど



その人にとっての、大事な情報だと

喜んでいただける。


喜んでいただけたら

私も嬉しくなる♪




長くなったけど読んでもらえてるかな(笑






受講者の方に喜んでもらうことが出来る。

自分もどうすればその方が

苦手なことを克服できるかを考えるから


伝え方のレベルアップにもなり

自分にもプラスになっている。


もっと喜んでいただけるには

って考えるから


信頼もついてくるはず。


こんな循環が、自然と信頼や信用にもつながっていく。



当たり前のことを当たり前に

すればいいんだけど


人間だから損得感情が入ってしまうことも

あるよね。



でも、そんな感情は見透かされてしまう。


自分だけがいいんじゃダメ。


自分が満たされていたら

ギブしたくなる。




ゆとり?よく言われる心に余白を

持ちなさいも


そんなところからくると思う。


まずは、自分の喜ぶことをしてあげよう♪


と、解釈しました(^ ^)♪



と、いうことでタイミングよく


私は大阪〜東京〜山梨と

楽しんで来ます!!


素敵なお店に出会ったら

FBでシェアしますね。




ギブ塾主宰 友安雅彦さんと


1回目は同時受講出来なかったけど

次回からは一緒!

3期生のセラピスト 中井さん

 


 

 

 

 

 

image
 

 

         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォームからお問合せいただき返信が届かない場合は

メールでのご連絡をお願い致します

la5763k@gmail.com