アメリカの型紙で♪生徒さま作品ワンピース 洋裁教室リボンキャンディ | 大阪ハンドメイドソーイング洋裁教室かんたんにはやくきれいに縫えるコツ教えます♪

大阪ハンドメイドソーイング洋裁教室かんたんにはやくきれいに縫えるコツ教えます♪

しつけもチャコペーパーも使いません!月謝制ではありません。
かんたん*はやい*きれいをモットーとした新しい形のソーイング教室です♪初心者の方こそお待ちしております。
どうぞお気軽にお越しくださいませ♪

こんにちは!

#初めてさんの洋裁教室

大阪 堺市和泉市

ハンドメイドソーイング洋裁教室RibbonCandyリボンキャンディ

です。

『手で作り、着て楽しむ』
初心者の方大歓迎です♪

月謝制ではありません。

しつけもチャコペーパーも使いません!

かんたん*はやい*きれい

をモットーとした 新しい形のソーイング洋裁教室です。

ミシンが初めての方も

ぜひお越しください!
 

縫製工場が実際に取り入れている手法を

アレンジして、

かんたん*はやい*きれい

に縫える方法をお伝えいたします。

(生徒さまの感想はコチラ★

 

はじめましてのMさまの作品

RibbonCandyパーソナルフリーレッスン

「ワンピース」

です。

{4B13DD3A-A661-45A5-A69C-E3F7463F8AA1}

ストレッチのある

薄手のデニム生地を使用されています。

 

「ポーチなどの小物は

独学でよく作るけれど、

型紙通りに作ったりということが

一切出来ないため

一から教えていただきたいです。」

とのご希望。

ドイツからの一時帰国に合わせて

お越しいただきました♪

 

持参されたのは、

こちらのアメリカの型紙。

VOGUE PATTERNS 

「BadgleyMischkaバッジェリーミシュカ」

の型紙。

 

 


この型紙サイト、

日本ではありえないと思うのですが、
有名デザイナーの型紙を販売しています。
(どこまでそのデザイナーが
かかわっているのかは
わからないのですが・・・)
 

アメリカは洋裁=製図ではなく、

型紙を購入して、

その通りに縫製するということが多いと

本でよんだことがありますが、

このサイトをみて

「なるほど」と思いました。


 

型紙には

工業用パターンのように

ノッチ(合印)が

多くついていたことなど、

日本との違いがわかり

面白い発見でした。

 

 

縫代なしの型紙だったのですが、

Mさまの細身サイズにあわせて、

 

一番小さいサイズのラインに

縫代はつけず、

そのまま使用することにしました。

 

ミシンには慣れておられたので、

裁断が終わったあとは、

スピードアップ!

 

コンシールファスナーも

スイス~イと縫われて

午前午後の1日レッスンにて

無事完成♪

 

一番心配していたサイズも

ぴったりでほっと一安心。

 

また、この型紙は、

カットソーニット用のものだったのですが、

デニム生地で仕上げたことで、

逆にいい感じの出来上がりになりました。

 

Mさまのスタイルの良さが

きれいにでる型紙♪

また違う素材でも

縫ってみてくださいね。

 

Mさま

お疲れさまでした♪

◆お問い合わせはこちらからどうぞ 

◆レッスン日程・予約についての

詳細はコチラ■ハンドメイドソーイング洋裁教室Ribbonについて

▼レッスンは3種類です。内容はコチラ★

①RCオリジナル型紙レッスンの内容はコチラ★

②RCオリジナルキットレッスンの内容はコチラ★  

③パーソナルフリーレッスンの内容はコチラ★

◆Instagramしています◆

@makoribboncandy コチラ★

フォローいただけると嬉しいです♪

 

◆Instagram生徒さま作品はコチラ➡

◆生徒さま作品(ブログ)はコチラ➡

◆教室までのアクセスはコチラ★

■レッスンの申込について

◆レッスン日程・予約についての

詳細はコチラ➡

▼ご予約はこちらをご利用ください

クービック予約システムから予約する

◆お問い合わせはこちらからどうぞ 

◆生徒さまの感想コチラ★