☆Brilliant English Lesson☆アメリカからあなたを英語漬けの世界へとご招待します!英語講師 新田ゆかり

アメリカ・ワシントン州に英語講師ママが駐在中☆
アメリカ発!オンライン&メール英会話レッスン

駐在妻・英語講師の子育てママ発信!
☆生きた英語☆
☆プレ駐在妻必見!渡米3ヶ月間英会話☆
☆現地校での娘の様子・現地の人とのお付合いの方☆


テーマ:

赤薔薇初めましての方は⇒こちら赤薔薇

赤薔薇無料メルマガご登録は⇒こちら赤薔薇

 

こんにちはおねがい

 

魂同士で繋がるような

 

そんな出逢いから一夜明けて・・・

 

この感動を忘れないうちに綴っておきたいと思います照れ

 

彼女からも

 

”ゆかりさんのブログを楽しみにされている方がイメージできたり、豊かになるなら是非是非話題になることや写真などお載せください。”

 

とご快諾頂きましたので

 

私たち夫婦同士で語ったお互いの価値観について

 

自然の素材を生かして作って下さった

 

お料理の数々と共にシャアさせて頂きたいと思います乙女のトキメキ

 

 


故郷を思い出させる味わいあるモツ煮

彼女のお母さまが制作された器と新鮮な食材(ホントにここアメリカアメリカ!?


茎わかめ、ぜんまい、白和え 器はお母さまの作品

子供たちと取り合いになった外はカリカリ中はトロトロのたこ焼き

 

 

丁寧に食材を選んで身体のことを想えば

 

アメリカでもこんな美味しい和食が作れるんだ・・・

 

忘れかけていた大和魂を思い出させて下さいましたラブラブラブラブ

 

私は彼女に英語&異文化コミュニケーションを

 

そして私は彼女から

 

お料理を習うことになりましたキラキラキラキラ

 

そしていつか、アメリカンや多国籍の方たちと

 

ホームパーティを開こうねと

 

夢を語り合いましたラブラブ

 

娘さんが二人おられるので

 

長女kokoと同級生のHちゃん、次女yuyuで仲良く遊んでいる間

 

時には夫婦同士で、時にはパパチーム、ママチーム+赤ちゃんのTちゃんとで

 

それはそれは濃いお話をさせて頂きましたリボン

 

なかなか話しずらい海外生活アルアルを

 

腹を割って話せること・・・そして

 

それがなんというか後ろ向きではなく

 

より良くなりたいからこそ出てくる本音、

 

それを共有できたことを何より嬉しく思いました照れ

 

ではその中から皆さんにもシェア出来るお話を

 

備忘録として綴っておきますねリボン

 

クリスマスの時期によく話題にのぼる

 

日本人はなんでクリスマスにチキンを食べるのはてなマーク

 

私も聞かれますし、彼女のご主人も聞かれるそうですひらめき電球

 

私は

 

本当は『日本人は毎日お母さんが丹精こめて夕食を作るけど

クリスマスディナーくらいはジャンクフードで手軽にして

家族の時間を大切にしたいという風習です』

って優等生な回答したかったけど、きっとしらけると思ったので

ターキーが日本ではなかなか手に入らないから

チキンですかね・笑

みたいに答えたら、アメリカンにとってはクリスマスや感謝祭は特別で

いつもはレンチンだけど唯一時間をかける料理だから

そんな時になんでKFC?って思うんでしょうね。

日本人のお母さんは毎日そのくらいのものを作っているんだよ(怒)

 

というようなお話をしました。

 

彼女のご主人は

 

アメリカンからしたら鯛のお頭付を食べるべきところ

 

何でサンマで済ますのはてなマーク

 

という感覚なんだろうねと。

 

そこで彼女が一言。

 

うちはチキン食べる風習なかったんですよね。

 

だから、日本人って各家庭によって風習も食べ物も伝統も

 

違いますよね~。

 

そこから見える本質は

 

”日本の文化=各家庭の味、伝統、しつけ”

 

であるということ。

 

つまり、日本人は仏教や神道という宗教基盤はあるにせよ

 

各家庭の、特にお母さんの実家の風習が

 

子世代に受け継がれていることが多いということ。

 

クリスマスの食事ひとつとっても

 

うちはチキンは食べなかった、

 

いや、うちはKFCだった、

 

いや、うちはモスだった、

 

うちはチキンの丸焼きを買ってきてお母さんがオーブンで焼いてくれた

 

たった数人の日本人が集まっても

 

数通りのクリスマスの過ごし方がある。

 

だから、もし共通点があるとすればお正月のお節料理くらいだよねと。

 

受け継がれる文化なりおふくろの味なり躾、価値観が

 

各家庭にそれぞれあるのが日本文化の特徴

 

こんな話をずっとしたかったの、わたし。

 

これが日本語で話せればネイティブに聞かれたときに

 

ようやく英語でも話せる。

 

いくら本やネットで知識を付けたところで

 

本質を自分に落とし込めていなければ

 

日本語でも、ましてや英語でアウトプット出来るわけがないのです。

 

だからこそこうやって語り合える仲間は本当に大切だと

 

身に染みました

 

私は1年5ヶ月かかりましたが

 

信じて求めて行動していたら必ず出逢えます

 

日本にいる親友がずっと励ましてくれていました

 

必ずいるから、と。感謝です。

 

では次に英語についてドキドキ

 

よく、日本在住の英語学習者や

 

海外在住で英語力を伸ばしたい方々が

 

海外旅行で日常英会話を楽しみたい

スーパーのレジやお肉屋さんのお兄さんと

世間話を楽しめるようになりたい

 

という夢なり目標を立てるのですが・・・

 

ここ、皆さんとっても勘違いしているのですが

 

この目標は

 

最上級に難易度が高い

 

ですDASH!

 

ネイティブはこういう会話をスモールトークとかエレベータートークと

 

呼ぶのですが

 

ネイティブ並にならないとデキナイ会話だと私は捉えていますパー

 

まず、初級者が目指すべきレベルは

 

①キンダーボキャブラリー(ネイティブの5~6歳児が知っている英単語)

  を身に付けること

 

②キンダーボキャブラリーを使って会話を繋げること

 

③第二言語を英語とする外国人とお友達になること(出来ればハイコンテクストコミュニケーション⇒ローコンテクストコミュニケーションの順)

 

これをクリアすることが最優先ですグッド!

 

そしてこの後はようやく

 

④アメリカンなどのネイティブとあたりさわりのない会話をする

 

⑤ネイティブを含む多国籍のお友達とあたりさわりのない会話を楽しむ

 

⑥アメリカンとお友達になる

 

⑦ネイティブを含む多国籍のお友達と価値観に触れる会話を楽しむ

 

だいたいですがこのくらいのステップがあると思っています

 

何事にも段階を超えるための要素があると思います

 

それを丁寧にこなしていけば必ず自分の求める姿まで

 

到達します

 

急がば回れ

 

ですねウインク

 

とは言え、1つ1つの段階を超える上でも

 

やはりイマジネーション力や感性が強い方々

 

吸収力が違いますアップ

 

彼女のバックグラウンドはクリエイティブなお仕事をされていたので

 

私のクライアントさん達同様に

 

上達が早いに違いないと思っておりますラブラブラブラブ

 

この辺のこともスライドにまとめてWebセミナーに反映して参りますねウインク

 

さて、最後にシェアするお話は・・・

 

実は前々からこういうことを発信したいと思っていたのですが

 

いろいろ思うところがあって書けていない内容のものでした。

 

今日のブログを読んで下さっている方々は

 

一見さんもいるかもしれませんが

 

おそらく定期的に読んで下さっている方々だと思うので

 

あくまでも鵜呑みにせず、一情報として受け取ってください。

 

それは・・・

 

アメリカンは薬をめったに飲まない

 

お話です。

 

うーーん 私は医者ではないですし薬剤師でもありません

 

ですが、製薬会社に入るために6年間、化学を大学・大学院で専攻し

 

外資系製薬会社で4年半、メディシナルケミストとして

 

創薬の仕事に携わってきたバックグラウンドがあります。

 

子供たち、特に長女はこの1年で薬を飲んだのはたったの1回です。

 

ものもらいが出来たときだけ。

 

熱は出ませんが風邪はちょくちょくひいています。

 

次女は喘息の気があって渡米当初は

 

発作も何度か出ていましたが

 

ここ1年、発作はありません

 

今年の冬を発作なく乗り切れたら

 

喘息薬のシングレアも飲まなくてよくなります

(お医者さんの意向です)

 

でも、日本にいたときは痰の絡んだ咳が出たら

 

すぐにお医者さんにかかり

 

薬を処方されていました。

 

皆さん、よくご存じだとは思いますが

 

風邪薬は対処療法です。

 

風邪のウイルスを殺すためのものではなく、

 

咳なり鼻水なりを出にくくするためのお薬で

 

根本的に風邪を治しているわけではありません。

 

風邪の症状を抑えているだけ。

 

アメリカは医療費が高額なので(日本だと数百円のところ1万。日本は国で支えているからですが)

 

風邪くらいで病院に行く人はいませんし

 

市販薬を飲む人も少ないです(一般論です)

 

よく、海外在住の方はアメリカの市販薬は効き目が良すぎるから

 

怖くて飲まない、という声を聞くのですが

 

薬はドーズ、つまり体重に対してこれだけ有効成分を含ませる、という

 

規約に従って販売されているので

 

日本人の平均体重ではなく、アメリカンの平均体重に合わせて

 

販売されているのです。

 

だから、日本人が飲むとオーバードーズの場合もあるということ。

 

だから、飲まないでくださいという意味ではなく

 

何が言いたいかというと

 

風邪薬は対処療法なので

 

本質的なところを言うと

人間本来の持っている免疫力を上げる方が

大切ですよ

 

というお話です。

 

つまり、彼女が作ってくれたような

 

自然の食材を生かした料理を毎日食べて

 

規則正しい生活をし、ストレスのない生活を送っていたら

 

ちょっと風邪をひいたくらいで病院にかかったりしない

 

生活が送れる、ということ。

 

日本は数百円、またはタダで病院にかかれてしまう。

 

それがいいことなのかそうでないのか・・・

 

そんな深いお話もしました。

 

そして製薬会社、創薬研究開発の本質もお伝えしました。

 

つまり、本来、自然から抽出される成分を

 

低コストかつ高効率で人工的に改変して合成し

 

いかに低量で効果の高い(病気を引き起こすメカニズムを抑える)有効成分を

 

見つけて市場に出すか。

 

それで命が救われる方々がいるのは確かです。

 

でも人工的に作りだされた薬には副作用が必ず伴います。

 

メリットがデメリットを上回っているから上市されているのです。

 

でも・・・10種類以上の薬を同時に飲んでいるがために

 

副作用×副作用で

 

常に病院通いをしているご老人が日本にいかに多いか・・・

 

そうではない方々が大勢おられるもの知っています。

 

でも日本の高齢者医療の現状を見る限り

 

理想の老後を送れている人が

 

果たしてどのくらいいるのだろうはてなマーク

 

疑問に思うときがあります

 

なぜ今日はこんなお話をするかというと

 

全て

 

あなたはどう生きたいのか?

 

自分らしい人生とは何か?

 

に繋がるからです

 

私はオンライン&リアル英語漬け会で

 

英語磨きをしながら

 

これらのことを自分に落とし込んで考えてもらう機会になるよう

 

私が培ってきた

 

サイエンス×英語×感性

 

総動員して取り組んで参りますメラメラ

 

ひとまず、2月のリアル英語漬け会が本当に楽しみですドキドキ

 

今日の記事が必要な方のお役に

 

少しでも立ちますようにキラキラキラキラ

 

赤薔薇無料メルマガご登録は⇒こちら赤薔薇

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

アメリカワシントン州 英語講師 新田ゆかりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「◆海外赴任」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>