こんにちは!

ブログを見て頂きありがとうございます♪

 

 

 

食から女性ホルモンバランスを支える

ムーンリズム栄養アドバイザーの金澤りなです。

 

不妊や月経不順、PMSに悩む方に

体質改善をするサポートをしています。

 

初めましての方はこちらをご覧ください♪

 

 

あっという間に12月になり

今年も残すところあと1ヶ月です。

 

今年は年号が「令和」になったり、

消費税が10%になったりと変化の年でしたね。

 

私もブログを始めたりと行動の年でした!

残り1ヶ月も歩みを止めず駆け抜けたいと思います!

 

 

前回お話した、

大豆のイソフラボンとエストロゲンについて

 

 

 

⬇︎まだみていない方はこちら⬇︎

大豆は私たち女性の味方?!〜大豆イソフラボンの正体〜

食べた分だけ女性に嬉しい?〜大豆と女性ホルモン〜

 

 

 

 

 

 

大豆イソフラボンの体への吸収や効果などは

同じ量の大豆製品を食べても

人によって大きく異なります。

 

 

とお伝えしたと思います。

 

 

なぜ異なるのか、、、

それは

 

 

エクオールが作れるか作れないか”

 

 

の違いなのです!

 

 

 

エクオールとは?

 

 

 

大腸に棲んでいる腸内細菌によって

大豆イソフラボン(ダイゼイン)はエクオールに変換されます!

 

 

近年の研究では

大豆イソフラボン(ダイゼイン)として吸収されるより

このエクオールとして吸収される方が

エストロゲンの様な働きや

健康の効果が高いと言われています。

 

 

しかし全員の方が

エクオールに変換される訳ではありません、、

 

 

 

 

 

エクオールが作れる人、作れない人

 

 

 

大豆イソフラボンを

エクオールに変換できるのは

エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌が

いるかいないか(活動している)が重要です。

 

 

多くの研究では

日本人では2人に1人しかこの

エクオール産生菌」を持っていないそうです。

 

 

食生活の変化により若い世代の女性はもっと少なく

20%の人しかエクオールを作れないとも言われています。

 

 

 

 

私はエクオール生産菌がないかも、、、

と感じている人も諦めないで!!

 

 

 

腸内細菌は日々の生活の積み重ねで作られたもので、

すぐに変わるものではありませんが

毎日のお食事を見直すことで改善できるのです!

 

野菜や海草、キノコなど、

食物繊維の豊富な食材を毎日の食卓に取り入れ

るところから始めましょう!

 

 

 

また、毎日大豆製品を食べる人と食べない人で

エクオールを作れる人の割合が2倍も違ったそうです!

1度にたくさんの量を食べても

効果は長続きしないので

毎日大豆製品を食べ、

エクオール生成する体作りをしましょう♪

 

 

<参考文献>

株式会社名Healthcere systems エクオール検査

https://hc-sys.com/service/equol/(参照2019.12.2)

 

 

妊活に悩んでいる方をはじめ、

月経不順などホルモンバランスの乱れによる不調に

お悩みの方のお役に少しでも立てますように。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

フォローやコメント

お気軽にしていただけると嬉しいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

妊活・月経不順などのコラム執筆のお仕事のご依頼・お問い合わせはこちら

 

 

 


赤ちゃん待ちランキング

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 生理不順・無排卵・無月経へ
にほんブログ村