iOS11にアップデートしてからか、

AppStoreがリニューアルされてからか、

どちらにせよ2017年9月以降、

アプリのアップデートが不安定でした。

 

すべてのアプリが全くアップデートされない訳ではないが、

アップデートできるはずのアプリがアップデートできないことがある。

 

ここでは、

アップデートできないと言っているのは、

AppStoreアプリのアプリ詳細ページで

「アップデート」ボタンとなるはずが、

「開く」ボタンのままになっている状態を言っています。

 

アプリのバージョン番号や日付を見ると、

最新の状態に更新はされているようだが、

アップデートするきっかけがない。。。

明日になれば勝手にバックグラウンドで自動アップデートされる?

 

あ、そういえば、

自動アップデート(自動ダウンロード)はシステム設定で

設定できたはずだが、あえてOFFにしてた。

が、それはPocketWi-Fiで勝手にパケット使ってほしくないのであえてOFFにしている。

 

調べていると、

実はiOS11.1の不具合で、

App Storeからのアプリダウンロード・アップデートが始まらない・遅いことがある

という事象があるらしいことが分かった。

 

でもこれは、「アップデート」ボタンを押した後の話でしょ?

と取れるので、また別の問題かなと。

 

調べても出てこないので、一旦諦め。

その後もいくつかのアプリで同様の現象があったが、

気づくといつの間にかアップデートされているということがよくあった。

 

その後、アップデートが必要で注目するチャンスがあったので、

スクショを取りながらと思ってAppStoreをチェックすると、

どうやら症状から推測できることがあった。

 

どうも

アプリ詳細ページにおいて、
未アップデートのアプリであっても、
アップデートを認識するまでは、ボタンが更新されないようです。

 

アップデートが必要と分かっている

「Amazon Prime Photo」アプリにおいて

 

検索でアプリ詳細ページを開くと
ボタンが「開く」になっていた。

※この時、アップデートタブのバッジは11

 

 

アップデートタブへ移動し、

プルリフレッシュすると、

アップデート候補が増え、

その中に「Amazon Prime Photo」アプリも登場

※このことでアップデートタブのバッジは22に増えた

 

 

その後再びアプリ詳細ページを開くと、
ボタンが「アップデート」に変わってました。

 

 

これは、

Appleのバグなのか仕様なのか定かではありませんが、

アップデートできないと思って、

アプリをアンインストールして再インストールしてしまうユーザーもいると思うので、

紛らわしいし何とかして欲しいところだ。

 

 

Prime Photos Prime Photos
 
Amazon