スパプラザ(大阪府)

テーマ:
こんにちは。
今年は110kmのトレランレース
(信越五岳)に出た後、
野尻湖湖畔のThe Saunaで、
心身ともの昇天を企んでる
ロベルト本郷三丁目です。


まずは、
エントリーのクリック合戦に
打ち勝たねばなりません(涙目)。




惜しまれながら
多くのサウナ愛好家が
愛し愛されたスパプラザが
3月末に閉店致しました。




エレベーターで
6階にあるスパプラザへ
5階に広がるサウナワンダーランド
4つのサウナ
3つの水風呂

全裸懸垂もできる外気浴広場




NEW JAPANなんばの終焉。






赤絨毯から続く階段で
下のフロアに向かうワクワク感、
スペシャル感は、ここだけ。


高温サウナで繰り広げられる
ロウリュ。極めて熱い高温熱波、

あの乾いたタオル音を
耳に焼き付けた。

あの音を再生できるように
日々精進あるのみ。


スパプラザの高温サウナでのみ
生息が確認される兜巻きのサウナー、
絶滅危惧種。

スパプラザでは、
サウナハットではなく、兜巻き。



兜巻きとは、

頭髪部分にタオルを巻き、
目の真下でもタオルを巻くという
スタイリッシュな巻き方。

郷に入れば郷に従う。
否、兜巻きをしないと
高温サウナ最上段では
生き抜けず。

ロウリュで芯まで着火、
2種類の水風呂を利用して
クールダウン。


その後、
65℃適湿のスローサウナで
優しいお熱。


高温サウナでもっていかれた汗腺を
スローサウナで優しく抱き締められて
またしても大発汗。

その後のデトックスウォーターの
染み入ること、筆舌に尽くしがたし。




洗体&垢すりのお姉様と
今後の移籍先の話になったら、
神戸にあるサウナ界の
総合デパートに完全移籍で加入、
あちらでの再会を誓ってお別れ。





上のレストランで
巻物、〆サバ、フグ唐揚げを 
パクついて、一休み。


サウナ施設の巻物で
ここまで具だくさんの巻物を
ロベルトは知りません。



サウナ施設の〆サバで、
ここまで丁寧に仕事をしてある
〆サバをロベルトは知りません。





この看板とも今生のお別れ、
最後の数回はサウナフレンズ達と
思い出を共有。



目に、汗腺に、すべてを焼き付けた、
今までありがとうございました。


代替不能なサウナ施設である
スパプラザとお別れサウナを
出来たのは、一つのケジメ。






今日のサウナ スパプラザ 6R


今日のランニング 60分


チャオ!!



追伸 

これからもサウナ施設が亡くなる。
行けるところには、行こう。 

さらにいえば、
家族経営の銭湯サウナなんて
あっという間に亡くなる。








こんばんは。
ロベルト本郷三丁目です、



筋目、筋目で訪れたいサウナがあります。
記念日ディナーみたいなものです、
マラソンで言えば折り返し地点を通過した
お祝いに行ってきました。



ロウリュ発祥の地、大阪が日本に誇る、
いや、世界に誇るサウナです。
そこは、ボンジョヴィが
お忍びでやってくるサウナです。




サウナの殿堂、
サウナの見本市、
サウナの中のサウナ、
如何様にも形容したくなります。





行ってきました、スパプラザ(6階)。
1階のカバーナは先日の日記に記載あります。







汗腺が、感じて動いた。
特に、ストーンサウナ、
そして、スローサウナ。

ストーンサウナが動ならば、
スローサウナが静。


ストーンサウナで
繰り広げられるロウリュは、ガチです。

毎時00分と30分に行われる頻度は
神戸サウナに負けずとも劣らず、
その質も甲乙付け難し。

ロウリュ発祥の地に恥じぬ
高パフォーマンス、
あのロウリュ時の破裂音を
録音してここで公開したい。
あれこそサウナを好きな人、
愛する人が集まる空間。



ロウリュ後に水風呂に入り、
35度の外ジャグジーに浸かる。
恍惚。あっという間に
次のロウリュがくる、
また繰り返す。



スローサウナでの静寂の一時。
ストーンに一滴のアロマ水が
落ちる瞬間、
禅寺で聞こえるししおどしと
通じるものがある。

スローサウナで目を閉じて、
呼吸を整える。パーフェクト。
パーフェクト。パーフェクト。





チャオ!!

2016.7.13