映画とウサギと音楽のおいしい関係

ひとりで観たい映画もある。 
でも 誰かと一緒に観たい映画もある。
相棒ウサギとrhasaのおいしい毎日がいっぱい♪


テーマ:
この寒空でも 相変わらず自転車乗りのrhasa
そして…
つい今さっきの出来事……

大通りから 住宅街へと細道へ入ると
暗がりの中
闇に紛れてしまいそうな 真っ黒の上下のジャージを着た
十代後半だろう男の子が
片手にケータイ
片手に金属バットを持って
ある家の前に佇んでたのだ

彼は rhasaに気づくと
ちょっと俯き ケータイの方をチラっと見ると
にやっと口元だけで笑ったのだ!!

その時は なぁ~~~~んとも思わなかったんだけど
通り過ぎて暫くしてから
ふと怖くなった(^^;

rhasaってば 通り魔さんに出逢った日には
素直に気づく前に 流血しちゃってそうなキャラだったのね(T_T)

よかったぁ~
さっきのお兄さんが 善良な(?)お兄さんで(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ホテル

三谷監督作品を観たのは
実は初めてのrhasa(^^;

なんでだろう?
脚本作品は けっこうな数鑑賞してるんだけど
監督作品は…
今まで 手が出なかったのだ

 大晦日を迎えた「ホテルアバンティ」では
 年越しカウントダウンパーティー準備で大忙し
 そんな中でも副支配人の新堂は
 様々な問題に機転を利かせて対応するが……


すごい数の豪華キャスト
そして 大晦日の22時から2時間という設定のもと
その時間軸通りに進行していくストーリー
めちゃめちゃ凝縮バージョンの24ならぬ
ってカンジの作品(笑)

けどね…

 食べ放題で頑張りすぎちゃった後

みたいになっちゃったのだ
なんかね~ 終わってみると

 いろんな人がいて 
 いろんなエピソードがあったけど
 あれれ~~?
 いくつかしか憶えてないぞぉ~~~(T_T)


っていう…

個人的には 
篠原涼子ちゃんと佐藤浩市さんのエピソード
(松たか子嬢含め)と
還ってきた歌手YOUさんの歌っ!!!
あまりの懐かしさに 家に帰ってから

  フェアチャイルド

のCDを引っ張りだしちゃったくらい(笑)
バラエティーなYOUさんも好きだけど
出来るなら また歌って欲しいなぁ~~~
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

オペラ

みんなから遅れること1年以上…
やっと!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
話題のこの作品を観たのだo(^-^)o

 19世紀のパリ
 オペラ座に住む伝説の男
 ファントムの仕業とされる怪事件が多発
 一連の事件は
 彼が見初めた歌姫
 クリスティーヌをプリマドンナにする為のものだった…


いやぁ~~~~~~
始まるまで すっかり忘れてたのだ
自分がオペラが苦手だってコトを……

なんでかなぁ~~~
クラシックも ヘビメタも 演歌も
(もちろん 巷に流れてるような楽曲たちも)
ジャズも ワールドミュージックだって平気なのに

…ダメ…なのだ…(T_T)
歌劇が……
オペラ誕生の地で育ったくせに
怖いのだ(T_T)

  上手いのは認めるから 勘弁してください(T_T)

ってなっちゃうのだ…

タイトルからしっかりオペラ座のって言ってるのに
……… 芝居&オペラシーンの構成だとばかり
すっかり きっかり思い込んでたのだ(T_T)

いや… 
流し始めたからには
ちゃんと最後まで観たのだ!
…後半は 殆どささやきボリュームでだけど(笑)

みんなが大絶賛してたのは わかる
シーンの1つ1つが ちゃんと構成されてて
しかもきれい♪
これで オペラ満載ぢゃなかったら
怖くなくって大満喫だったのになぁ~(^^;

オペラが怖いって やっぱりヘン?
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

アイランド

 汚染されてしまった世界で
 生き残った存在の暮らすコミュニティ
 そこで 安全で快適な毎日を暮すリンカーン
 いつの日か アイランドと呼ばれるパラダイスに行くコト
 それが彼らの願いだった
 
 ところが ふとしたことからリンカーンは
 自分が 人間に肉体のパーツを提供する為の
 クローンだと知ってしまう…
 アイランドに行く日
 それは 彼らが人間のパーツになる日のコトだったのだ


小さな頃 
何度も何度も夢に見た

果てしなく広い 真っ白いフロア
痛い程白い光を発している 膨大な数の蛍光灯
そしてそこに並ぶ 輝くばかりに磨き上げられた
ショーケースの数々…
そこには 誰もいない
いるのは まだ小学校にも上がる前の
小さな小さなrhasaひとり

おそるおそる中を覗いていくと
ショーケースの中には
人の身体の1部が いろいろなサイズで納められていて
どこからともなく現れた
光だけの存在が rhasaにこう言うのだ
  
  アナタにピッタリのサイズもみつかりますよ

と…
画像のシーンを もっともっと明るくしたカンジ
今思い出しても その一声がアタマの中で響くと
ぶるっと身体が震えてしまう…

でも………
rhasaママが クリスマスイブに

 もう桜の花が咲くところは見れないでしょうね

そうドクターに告げられてから
rhasaは 世界中のどこよりも
小さな頃から ことある毎に見続けた
この場所に行きたいと思った
どんな対価も払ってやるっ!
そう思った

それが出来ないのなら
rhasaの胴体から切り取って はめちゃえばいいのに…
そうも思った
(若かりし日のrhasaは
  rhasaのぢゃ サイズちっちゃいかなぁ~(^^;
 くらいの心配しかしてなかった(笑))

そして 時は流れ
お隣の国では そんな願いを叶えてくれる細胞を

    作ったよ♪

と言って みんなを喜ばせ
その分 切なくさせた人まで現れた

もし
もしも その実態を知らずに
サービス内容だけを聞いた日には
rhasaパパは 私財を投げ出してでも
保険をrhasaママに買ってくれただろう

でも…
その事実を知った時にも
喜んでいられる自信は… rhasaには…ない
rhasaママが生き延びる為に
もうひとりのrhasaママが死ぬなんて…

rhasaママが 天国に還った直後
担当のドクターは こう言った

 この度は 御愁傷様でした
 rhasaママは 考えられる余命の3倍の長さを闘病されました
 学会で発表する価値のある症例です
 お通夜の前にメスを入れたいんですが
 同意してもらえますよね?


闘病中は 望んでも当時の技術と進行状況的に
手術が出来なかったというのに…
rhasaパパが口を開く前に rhasaは断わった

3倍も長い間 病気とケンカしてたのだ
もうゆっくりさせてあげたかったのだ

でも
こういう映画やエピソードに触れると
rhasaは いまさらながら悩んでしまうのだ
痛みを感じなくなった身体を調べることで
他の誰かが 少しでもラクに戦えるようになるのなら
rhasaママは それはそれでokを出したかもしれない
って…

映画の中のセリフにもあったけど
rhasa達の身体も 消耗していくのだ
哀しいけど…
病み上がりだからか

 もちっと 自分の内蔵大事にしてあげなきゃなぁ~

なんてしみじみおなかをさすってしまったrhasaなのだった(^^;
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ray

DVD買ったくせに 結局今まで観れてなかったrhasa(^^;

Dさんの予想通り
雪に負けて寝込んでる時に 朦朧としながら鑑賞…

でも それで良かったかもしれない…
それは 
 
 正視に耐えない

と言ってるわけでも

 ぼけながら観ても 平気なスローな作品

と言ってる訳でもないのだ
… ある部分に関しては前述の正視に耐えないもあるけど…

ご存知の通り
2004年6月11日に 天に還っていった
レイ・チャールスのお話

彼の音楽作品や 演奏スタイルを観る限りでは
飄々としているというか 達観しているというか…
そんなイメージの強い人だったんだけど
やはり彼も

 今の世代ぢゃない時代を生きた 黒人で目の見えない

としての辛酸を想いっきり味わっていたのだ
そして クスリをやってるわけでもないのに(やる前ってこと(^^;)
目が見えないっていうのに
過去の忘れてしまいたい(だろう)記憶の断片だけが
幻覚として彼を襲い続ける…

彼が ギャラを

 1ドル札で用意してほしい

そう話し そのコトでもめるというシーンがあったんだけど
そうせざるをえなかった理由を
rhasaは 観るまで考えもしなかった
(彼とは 全く別の理由で
 アルバイトのギャラを全部千円札にして貰ったことはあるけど…)

おいおい…
っていうコトもたくさんしていたレイだけど
この作品を観て
改めて 彼の飄々とした演奏を観聞きした時
それはもう!!!!

 あるイミ 仙人だよなぁ~

なんて思ってしまったのだ
そう rhasaにとっては
ソウルの神様ぢゃなくって
ソウルの仙人なのだo(^-^)o

ココからいなくなっちゃった今

 お空の上で 仲間たちと楽しくセッション

な毎日でありますように
ただただそう願うばかり
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

グウィネス

rhasaの好きな邦画ワンダフルライフという作品の中に

  自分の生きた証

というセリフが出てくる
そしてそのセリフを受けて内藤剛志さん扮する人物が

 生きた証を残せる人なんて そんなにいるかね~

と言っているシーンがある
この映画を観ていて 何度かその場面を思い出した

 天才数学者の父を亡くしたキャサリンの家に
 父の教え子のハルが 遺されたノートを読みに通ってきていた
 心を壊してからは 
 数学から一線を退いた形になっていた父
 そして 世間からは
 そんな父の世話に明け暮れたようにしか見えないキャサリン…

 心を壊した父との2人だけの暮らし
 父が夢見て 共に探し求めた『証明』
 その『証明』は…


哀しくて 切なくて たまらない特別な日から始まるこの物語
アンソニー・ホプキンス演じる父は
気難しいところから 娘を溺愛するところまで
rhasaパパにそっくりだったりする

そして…
自分の選択を認め それに自信を持ちつつも
常に 不安や

 自分の選択は「ベター」なだけで
 「ベスト」じゃなかったんじゃないか?

といった 仕方のない後悔が交差する娘キャサリンは
うじうじと堂々巡りするところが rhasaにそっくり(笑)

その昔
rhasaパパ&rhasaママがケンカをした時に

 あなたは 死んでも
 作品が残るから 忘れられなくていいわよねっ!

 
 自分が納得いってない作品も
 残るんだぞ!
 後になって 「あの作品は イマイチだったなぁ~」と思っても
 それさえもず~~~っと残るんだぞ!


なんてやりあってたコトがあったけど
それは 『生きた証』とやらが明確に残ってまう人々
みんなに課せられてしまっているものなのかもしれない
1つ名の出ることをすると
それ以降は それ以上のコトを求められる
それは 作家でも選手でも…

そういうプレッシャーが 少ないだけ
rhasaは 平穏な毎日を送れているなぁ~
なんて思ってしまったのだ

そんなrhasaの『証明』は…
これからの人生の課題なのかもしれない…
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

スミス

ダウンする少し前
久々に劇場で観たのが この映画♪
最近 

 アンジェリーナが3人目にして初めての実子のママに♪

な話題で再度話題になったりしているこの映画

 南米のエキゾチックなホテル
 警官が暗殺者を探していた
 疑わしいのは 個人で宿泊をしている客

 それぞれ個人宿泊者だったジョンとジェーンだったが
 お互いをカップルと偽り 警察の目を逃れた事から
 2人は電撃結婚!


アクション映画とか 恋愛映画とかいうよりも
rhasaにとっては

 倦怠期の乗り越え方

パワフル版 チックにも見えたのだ(笑)
友達関係とかでもそうだよね?
ちょっとしたケンカで より仲良くなったりもする
「本音」とかって 出してるつもりでも
どこかでセーブされちゃってて
それが溜まりすぎると
人間関係スムーズに行かなくなるし
ケンカにもなる
でも そこで上手にケンカをすると
それは 破壊ぢゃなくって
リセットになる

だからrhasa
いいイミでのケンカは 嫌いぢゃないのだ♪


にしても...
2人でその場の刺客は全部対処したにしても
どうやって 平穏な日々を取り戻したんだろう?

それだけが 疑問なのだ・・・
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ダウン中のrhasa(T_T)
この1週間熱が急上昇&急下降を繰り返していて
自分の熱で 目が廻るという情けない状態なのだ

今日も仕事場では
熱冷シートをペッタンしてお仕事(笑)

そんなrhasaに反して
まろんアンリ
元気爆発中!
冬眠しかけてたのが ウソのよう

アンリなんて
寒~いこの冬用に 毛布(ウサギ用の)をあげたら
日中は うりゃ~~~とばかりに隅に追いやるくせに
夜になると 口で端っこをくわえて
うんせ うんせ
自分の寝るスペースにキレーに敷いて
その上で満足そうに寝る始末!

rhasaが万年床(=ベット)だっていうのに
なんて しっかりものなのだぁ~!!

ついでに rhasaのベッドメイクもしてくれないかなぁ~~~(笑)
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

まろん11

最近 果てしなく寒いでしょう?
rhasa本体としては 気温が低くても
雪が降ってないから 風邪もひかず…
なんだけど
我が家には そういうワケにはいかない存在もいるのだ…

それは…
アンリ
ぢゃあなくって
まろん

越冬初体験中の彼女は
あろうことか
暖房中の部屋だっていうのに
冬眠モードに突入しちゃったのだ…
まりもの前例もあるし
ラッキーの件もある…

小心者のrhasaは
彼女の部屋に手をつっこむ勇気もなく
移動用の小さなケージに 部屋ごと移動して
そのケージを低温にあたためたコタツに入れて
待つこと30

おそるおそるケージを引っ張り出して
名前を呼ぶと…
目も開けないまままろん登場!

その手が 何かを求めるように
ユラユラ揺れている
そぉっと触ると バシッと叩かれた(T_T)
試しに ヒマワリを手に近づけてみると
目も開けないまま 噛り付いた…

こいつぅ~~~~っ!!

その夜
半日をコタツでヌクヌクすごしたまろん
一晩中回し車で滑走を続けたのだった…

休みの日で よかった…
でも rhasaの貴重な休みは…まる潰れ
rhasaの心臓には悪かったのだ(T_T)

早く 春にならないかなぁ~~~~
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。