どうもリョータです。

えっと、まずはこんばんは。

来季から東芝からDeNAに経営委託されるらしく何を書いていいのかよくわかっていません。とりあえずタイトル通り書きたいことを書きます。

初めて親にチケット3枚貰って「部活サボってでもとどろきに行って勉強してこい」と言われ部活の友達を無理やり引き連れvsリンク栃木の試合に行きました。たしか藤井選手と永吉選手のデビューシーズンでした。時間を間違えて炎天下の中2時間近く待っていたのはいい思い出です。まぁ前置きは置いといて本題に。

勉強しに行ったのはよかったんですが誰も名前がわからず「とりあえず周りに合わせればいいや」的なノリで応援していました。試合を見てる中で思ったのが14辻選手と22ファジーカス選手が本当にシュートを落とさなくて「トップリーグの選手はこんなにスパスパ決めるのか」と思いました。ファールのもらい方やスクリーンのかけ方、どれを見てもレベルが高く特に目を引いたのが22ファジーカス選手でした。(当時僕がCだったため)僕はずっとファジーカス選手のフック・フローター・ジャンパー・ボールの軌道・ファールのもらい方←ここが特にすごかった!試合が終わってしばらく2階席を友達とウロウロしていると「出待ちできるよ」とスタッフに言われ裏口に行って選手たちを待ってしばらくすると選手が出てきたので何をしていいかわからず周りの人たちがサインとか写真撮ってもらっていたので友達と「ジャンケンして負けたやつサインな」となり僕が負けて2ファジーカス選手にサインをもらいました。その時何も持っていなかったので筆箱に書いてもらいました。その筆箱は今も現役です。写真はなぜかリンク栃木の古川選手と撮りました。(笑)その後永吉選手と喋っていたら田臥選手がこっそり後ろの方を通っていたのに気づいたので駆け足で行って握手だけしました。ちなみにその時の永吉選手の顔は忘れません(笑) ごめんねだって地元の先輩なんだもん。

ここから東芝(川崎)ファンになりました。今も会場に行くたびに勉強しています。 スポナビでも勉強してます!

下手くそな文章でごめんなさい以上です。