特別局8J7FUKKO | RFF無線日記

特別局8J7FUKKO

本日,12年3月21日付けで特別局8J7FUKKOが免許になりました。

これは,気仙沼市の復興支援のために,気仙沼アマチュア無線クラブ,JA7ZRYのコールサインを

8J7FUKKOに変更して運用するものです。

JARLが設置する局ではありません。


昨年の年末に気仙沼クラブのアイボール会があり,震災復興のために,特別局を運用したらいいのではないか。

ということになりました。

そこで,発案者である当局も申請のお手伝いをさせていただきました。

申請の手順等は以下のとおりです。


まず,Webページを見て,特別局について勉強しました。

大きく分けると,JARLが開設する局と,そうでない局の2つに分かれるようです。

小生は,残念ながら,JARL役員の方々とは面識がありません。

というわけで,JARL以外の局として申請することにしました。


次は,具体的な方法です。

これについては,JI5RPT小柳さんのページがたいへん参考になりました。

小柳さんありがとうございます。


実際には,東北総合通信局に気仙沼クラブ,JA7ZRYの呼出符号の変更ということで申請しました。

無線局事項書の3,呼出符号を変更するという申請をしました。

ただし,これだけでは当然免許になりませんので「特別局にかかる要望書」が必要です。

これには,気仙沼の復興のために地域クラブである気仙沼クラブが主体となって復興支援に当たる,みたいなことを書きました。

また,希望するコールサイン等も書きました。


正式には,「アマチュア局の特別局要望書」

申請月日,その次の行が 東北総合通信局長 殿

その後に 申請者,住所,社団の名称,代表者を記入しました。

「無線局(アマチュア局)の特別局を下記のとおり運用したいので申請します。」の1文の後に,

「記」

1 特別局を要望する事由→上記のような理由を書きました。


2 希望するコールサイン(第1希望から第3希望まで)

 ※7エリアの場合は8Nまたは8Jではじまり3文字目が7であること。サフィックスは5文字以内であることというきまりがあります。


3 運用期間 2012年3月11日(免許の日)~2013年3月11日

※免許の日は3月21日です。


4 特別局の運用場所 宮城県気仙沼市


5 添付書類

 (1)変更申請書(+工事設計書)

 (2)気仙沼市からの後援承諾通知書

 (3)気仙沼市への説明資料


これに,最後に事務局,問い合わせ先を記載しました。


この用紙はA4サイズ1枚なので簡単でした。


次に,気仙沼市からの後援をいただく手続きをしました。

震災復興支援のための運用なので後援してほしいという旨の申請書と説明資料を用意して市役所に出かけました。


市役所の担当は総務課かな?と思いながら総務課長にお願いしました。

もちろん事前にアポは必要です。

そうしたら,震災関係だけは別の部署で扱うとのことでした。正しくは,企画財政課復興計画企画係だそうです。


が~んとショックを受けていると,総務課長がわざわざ一緒についてきて,説明までしてくださいました。

あらかじめ,電話でお願いしていたのがよかったようです。

というわけで,アマチュア無線について説明したのですが,役所の方々は???という雰囲気でした。

アマチュア無線について説明し,次に,特別局を運用する効果について説明したのですが,

口べたですみません。


でも,気仙沼アマチュア無線クラブのみなさんは,年に一度の気仙沼市主催の防災訓練にまじめに参加されていたので,

その実績もあり,なんとなく理解していただき,名義後援をもらえることになりました。

なんせ,JA7ZRYの常置場所は気仙沼市役所です。

それと,震災後のアマチュア無線課の活動がローカル新聞に紹介されたこともあり,

「アマチュア無線は災害時に役に立つ」という雰囲気が出来上がっていたのもラッキーでした。


その後,約1週間で市役所から後援承諾通知書が届きました。

というわけで,申請書類が揃ったのでまとめて郵送しました。これが,3月8日でした。夕方,ポストに投函です。

SASEも入れました。


3月14日に東北総合通信局から電話があり,追加・訂正が必要になりました。

その1は復興支援のための具体的な行事名を記載してほしいというものでした。

復興支援という抽象的なものではよくなかったようです。

その2は希望するコールサインのサフィックスは5文字以内であること。

実は,最初は,8J7FUKKOUを希望していたのです。

というわけで,8J7FUKKOに変更し,再申請をしたのが3月16日(夕方というよりは夜ポストに投函)

で,3月21日に連絡が入るんですから,ものすごく早いような気がします。


後は,QSLカードの作成やJARLへの手続きが必要になります。

免許状が届き次第,運用になるんでしょうけど,実際の運用方法についてはこれからです。


これから暖かくなるので,移動運用もできそうです。

ちょっと楽しみです。


なお,具体的な申請方法等が知りたい方には,書類一式をpdfファイルで送ることも可能です。

個人情報のところにはモザイクをかけますけど。