東日本大震災が経済に与えた影響をまとめました(4月1日時点) | 東日本大震災「宮城せんだいビジネス復興支援センター」
2011-04-02 23:01:36

東日本大震災が経済に与えた影響をまとめました(4月1日時点)

テーマ:事務局

4月1日で大震災発生から3週間が過ぎました。
死亡者、行方不明者数も、まだわからない状況にその被害の大きさを感じています。

大震災が、この3週間で、地域にもたらした影響のうち、
経済に特化した情報をまとめました。

情報は、地元の河北新報と、日経新聞の記事情報です。
日々、いろいろな衝撃的な情報が入ってくるので、
2、3日前の情報は忘れられてしまいます。

ちょっと、足を止めて、全体像を見てみることも大切です。

<ミクロ要因>

321日河北)女川原発復旧計画立たず。217万kw。

322日河北)福島県原乳、野菜出荷停止

324日河北)福島産野菜摂取制限

326日河北)解雇相談宮城県119件(25日まで)

328日河北)資金繰り相談13,700件(24日まで)

328日河北)宮城県がれき量23年分

329日河北)仙台市中心部849頭のビル、マンション倒壊の恐れ

329日河北)宮城県住宅損壊4,971

329日河北)宮城県被害額1兆円超(一般会計8,400億円)

330日河北)宮城県被災車両146,000

330日河北)東北4443平方キロ浸水(若林区56%)

330日河北)宮城労働局雇用問い合わせ23,184件(東北430,000件)

331日河北)小型漁船の9割破損、水産被害3,742億円

331日河北)「中三」(青森市)が再生法申請

41日河北)宮城県被害総額2753億円(工業関係5,900億円、商業関係1,200億円、

観光関連施設200億円の経済関連7,320億円、

農林水産関係8,492億円、土木関係4,224億円、教育委員会関係651億円)

41日河北)仙台火発4号機、新仙台火発1号機、2号機、原町火発1号機、2号機339Kw

41日河北)1,100Kw供給能力(2010年最大需要1,500Kw

41日河北)浄化センター壊滅。通常の状態は2年。

41日日経)イチゴ農家被害(収穫量全国10位、産出額56億円)

        コメ被害(収穫量全国7位、産出額811億円)

        宮城県農業産出額1,824億円の

42日河北)風評被害 会津まで(出荷制限対象外農産物の価格急落)

42日河北)仙台三越売上61.5%減

42日河北)宮城農地の11%浸水(青森79㌶、岩手1,838㌶、宮城15,002、福島5,923㌶)


<マクロ要因>

316日河北)15日東証1,015円安

318日河北)17日円相場7625銭(戦後最高値更新)

319日河北)日本の原発54基、電力の30%弱

325日河北)各国の輸入規制(米国、香港、シンガポール、オーストラリア)

326日日経)自動車生産台数40万台減少(年間生産台数の5%)

325日日経)3月鉱工業生産指数9.4%減(リーマンショック時8.4%)

330日日経)東電株式時価総額29年ぶり1兆円割れ(3.5兆円⇒1兆円)

330日日経)夏場の電力需要6,000万kwに対して、東電3,850Kw

41日日経)素材の供給大幅減(亜鉛△65%、過酸化水素△80%、


以上


(ここから先は、事務局の個人的コメントです)

私は、悲観論じゃでも有りませんし、楽観論じゃでも有りません。
超現実主義者といえるかもしれません。

事実から目をそらさず、
事実を見極める。

最悪の自体を想定し、
素早く、冷静に、明るく行動する。

それがビジネスのセオリーだと思っています。

仙台の税理士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス