お母さんもよろこぶ!簡単キッチン収納DIY♪ | RE住むスタジオ大分店スタッフブログ

RE住むスタジオ大分店スタッフブログ

中古戸建専門店“RE住むスタジオ大分店”のブログです。


テーマ:

こんにちはビックリマーク

RE住む大分のFacebookでもお知らせしました

フォトフレームを活用したキッチン収納の作り方をご紹介音譜
DIYの基本となる箱作りについてもまとめてみましたひらめき電球



クローバー準備するものクローバー

 

フォトフレーム
黒板
ブリキ板
※この3つは100円ショップで購入できます※
木の板(ホームセンターで購入)
クギ、ネジ
棚板用のダボ
蝶番
取手金具

塗料(今回はスプレー)

のこぎり
メジャー(長さを図ります)
キリ
金槌
かんな、もしくはサンドペーパー
(結構まめに仕上げを整えます)
ドライバー
電動ドリル(ダボ用の穴を開けるのに使います)
木工用ボンド
新聞紙(塗装するときに床が汚れないように)

レンチ作り方レンチ

1.フォトフレームの大きさをしっかり把握

この大きさが今回一番キモになります!
あらかじめ設計図書いておきましょうね♪

2.収納の箱部分を作ります。

木の板にパーツの下書きして、のこぎり切っていきます
のこぎりの扱いには十分注意してくださいね♪

作るパーツは側板が2枚、妻板が2枚、背板が1枚、棚板です。


背板とフォトフレームの大きさを揃えるので、
用意した木板にフォトフレームを合わせて切り線を書きます。



切り線を書いたら、のこぎりで切っていきます。
切り線の外側を切ると、後で「小さすぎた!」
という失敗をしなくて済みますよ♪


のこぎりで切ったら、都度カンナやサンドペーパーで
切断面をきれいに仕上げていきます。
マメに切断面を仕上げておくことで、
完成時のクオリティに差が出ます♪

その他のパーツも、出来上がり寸法と板の厚みなど考慮して、
メジャーで長さを図りながら切り線を書きます。

切り線を書いたら、のこぎりでカット
そのあとは切断面の仕上げです。


パーツがそろいました♪

中に棚板を設置するためのダボ穴を開けます。
今回使用するのはこのタイプのダボです。



側板のダボを取り付ける位置に印をつけます。
今回は3段階に調整できるようにしました。



背板側のダボ穴がちょっと内側過ぎましたあせる
安定させるために、皆さんはもっと背板側に開けてくださいね音譜



電動ドリルでダボ穴を開けます。
穴の径はダボの大きさに合わせてください音譜
貫通しないように、慎重に削っていきましょうにひひ



ダボ穴開け、完了です♪

続いて、木箱を組んでいきます。
強度を増すために少しだけ斜めに釘を打ち込みます。
妻板にキリで穴を軽く開けてから、打ち込んでおきましょうね♪




側板を下の写真のようにT字に立てて土台にします。
打ち込む方の側板には木工用ボンドをたっぷり塗っておいてください。



T字の土台に妻板を載せて、釘を打ち込みます。
土台がぐらつかないように気を付けてください。




上の写真のように木工用ボンドがはみ出てくるので、
キレイにふき取っておきましょうひらめき電球



残りの妻板は、組み終わったパーツを上の写真のように土台にして
先ほどと同じようにキリで穴を開け、
木工用ボンドをたっぷり塗り、少し斜めに釘を打ち込みます。
釘を打ち終わったら、溢れた木工用ボンドをキレイにふき取ります。



ここまで組み上がりました。
次に背板を取り付けます。



木工用ボンドをたっぷりつけて



これまた少し斜めに釘を打ち込みます。
釘を打ち終わったら、溢れた木工用ボンドをキレイにふき取ります。



木箱ができました音譜
釘の頭が引っかからないように、
しっかり打ち込めているか確認してくださいね目

3.箱やその他パーツに塗装します。
今回はスプレーを使って塗装しました。





塗装は2,3回に重ねて、塗りムラがないようにします。
素材によって吸い込みが違うので、面白いですね♪
塗っては乾かし、塗っては乾かしで

最後にしっかり乾かしたら次の工程に進みます。

4.箱の背板に黒板を取り付けます。
黒板はこのくらいの大きさのものなら
100円ショップで手に入ります音譜
少し重量があるので、ネジで固定します。
厚みを考慮して、ネジの長さを選びましょう。





黒板じゃなくても、コルクボードなんかでもいいかもしれませんね♪

5.フォトフレームの扉づくり

今回はフォトフレームにブリキ板をはめ込んで
アンティークっぽい雰囲気にします。
まず、フォトフレームをバラバラにした状態。
もう塗装は済んでいます。


ブリキ板をはめ込んで



後ろを閉じるだけ。
簡単ですねひらめき電球



続いて、取っ手を付けます。
今回はアンティーク調の取っ手を選びました。
こちらも100円ショップで手に入ります。



取り付ける位置を決めたら、穴を開けます。
電動ドリルで明けてもいいですが、
フォトフレームの強度が不安だったので、
キリで穴を開けたあと、少しづつ穴を拡げてみました。



最後に、蝶番で箱に扉を取り付けます。
これも100円ショップで購入したアンティーク調のもの。




取り付ける位置を決めて、ドライバーで固定します。




取付完了ニコニコ


 

ひらめき電球これで完成ですひらめき電球

思った以上にいい出来栄えですグッド!
収納の中も広々していて色々入れられそうです。
早速キッチンに置いてみました音譜





黒板にチョークでカフェ風アートなんかしてみても楽しいですねひらめき電球

いかがでしたか??

今回はアンティーク調で仕上げましたが、
塗装や金具を変えればいろんなスタイルに変身できますよ
音譜

ラブラブ皆さんもぜひ音譜お試しくださいラブラブ
 

■□■□■□■□■□■□■□

 

大分の中古物件を探すなら!
 「ホームハウスプラザ大分」
 
https://ok.hhplz.com/ 

RE住むスタジオ古国府の公式Twitter
 
https://twitter.com/resumu_furugou


物件紹介、売却、建て替え相談も。
 リノベーションに必要なすべてをサポート!
 
RE住むスタジオ大分サイト
 https://oita.resumu.com/

RE住むスタジオ Facebook
 https://www.facebook.com/betsudai


ベツダイFacebook
 https://www.facebook.com/betsudai

 

■□■□■□■□■□■□■□

 

RE住むスタジオ大分店さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります