<今日の工房風景>テーブルが水浸し!? | リストリーアンティーク家具修復の世界|名古屋

リストリーアンティーク家具修復の世界|名古屋

アンティーク家具の修理・買い付け先海外情報・インテリア豆知識・星ヶ丘周辺のイベント情報・お休みのアウトドアレジャーなどなど。
・・・・星ヶ丘と一社駅から徒歩10分にあるショールーム&ワークショップから日々のライフスタイルをご紹介・・・・

今回ご紹介するのは、長年の水ぶきによる塗装の劣化したサイドテーブル。

ここまでボロボロな状態での修理は久しぶりです・・・

家具に対する基礎知識に水ぶきはダメ!を忘れずにメモしてください。

水ぶきが許されるのはニ〇リやイ〇アのようなウレタン樹脂で分厚くコーティングされた大量工業生産品のみです。覚えておきましょうね


ささくれだらけ、カッサカサのバキバキなお肌。 
水分よりも適度な油分が大切なのです。

まずは剥離剤で丁寧に表面の塗装を落としていきます。

次にサンディング(紙やすり)で表面の凹凸を平に整えます。

どうでしょう。すっかり綺麗な木はだがでてきました。
木材本来の色がはっきりとでた良い木です。
バンディングされたウォールナット材も色濃くしっかりと残っていますね。

今回は木色のコントラストが綺麗に残っていますので、
軽く顔料で着色してからコーティングしていきます。

艶やかに程よく光が染み込んでいくような仕上がりです。
磨きをかければ更に鏡面のようになりますが、今回は程よい落ち着いた雰囲気に抑えました。


これでまた何年も楽しんでお使いいただけるでしょう


家具は本来、道具として日々の生活を支えています。
しかしながら、どんな道具もメンテナンスを間違えると壊れてしまう。
プラスチックやステンレス・鉄などで構成された道具類とは違う
自然の木材からできた家具たちは、加工された状態でも呼吸し、

生き続けています。

私たち使い手はそんな自然から生まれた道具に癒されることもあるでしょう。
いつまでも元気に私たちの生活を支えて貰う為には、日々のケアを怠ってはいけません。

家具の寿命は私たち人間の寿命より遥かに長いのですから。

家具のメンテナンスで分からないことがありましたら、
いつでもご相談くださいませ。

---------------------------------------------------------

東京・名古屋を中心にこれまで全国のお客様にご利用頂いております。
(北は北海道,栃木,埼玉,横浜,長野,静岡,愛知,岐阜,三重,奈良,京都,大阪,神戸,和歌山,南は沖縄まで、たまに海外。)
アンティーク家具の修理・リメイクをお考えのお客様は是非リストリーへご相談ください!


 

THE RESTORY CO. リストリーアンティーク
〒465-0087 愛知県名古屋市名東区名東本通3-26
TEL : 052-734-6968 Mail : info@restoryweb.com

★ facebookから最新情報を随時お届け ★
http://www.facebook.com/restoryweb


リストリーアンティークのHPはこちら↓