こんにちは、RESTICOPです。

 

 日本○○党の連中も警護対象者との接触がなかなか出来ずに目的を果たす事が出来ておらず、イライラして来ているのがひしひしと感じていました。打開策を色々と考えて実行して来て、警護対象者に揺さぶりを掛けて来るのですが、中々思い通りには行かずに、あの手この手と言う具合に次から次へと色々な事を仕掛けられていました。

 

 ある日の早朝、周囲もうっすらと明るくなり始めた頃に、Sテックの警備員が車両で巡回警備中に一般の車両と追突事故を起こしました。その当時警備の対象が、お寺の敷地以外の施設、数カ所にも日本○○党の嫌がらせや何らかの攻撃を受けていた為に、警備チームが車両により不定期な巡回して警備を実施していました。

 事故を起こした、相手の車両は高級外車、見通しの良い通りで信号の無い交差点、早朝の事で他の通行人や物を巻き込む事無く、車両と車両同士の衝突事故でした。

 

 

 

(写真は、イメージ写真です、当時は別の車両で巡回警備を実施していました)

 


 優先道路を直進していた巡回車両に右側の路地から出て来た車両と衝突、巡回車両は右の前方を、そして相手の車両は左前方が衝突して、凄まじい衝撃音と共に反動で両方の車両の前方が前を向き横並びの状態で停止しました。

 警備員の乗る車両は、国産の右ハンドル、一方相手の乗る車両は高級外車の左ハンドル、衝突の衝撃から停止した時に運転者同士が2メートル位の距離で鉢合わせの様な状態になりました。

 

 そして、運転者同士顔を見て目を合わせた瞬間! その相手とは、日本○○党の党首を名乗る人物で、我々警備員の中では、ナンバー1の人物と言う事で把握していた人物が、運転をしていて、早朝になぜ?、なぜその場所に?、何という偶然? 相手も事故直後はびっくりしていたが、運転しているのが揉めているお寺の警備員と解ると、いきなり顔色が変わり逆上して車両を降りて来て、「おめぇ~なんてことするんだ!」と胸ぐらを掴まれ怒鳴り散らされました。

 その後、110番に通報して、警察官に事故処理をして貰い、日本○○党と揉めて居る経緯を伝えたが、状況から見て、事件性は無いと判断されて、一般の交通事故と言う事で処理されました。

 

 私は後に、事故を起こした警備員のT氏に待ち伏せされた可能性は? と詳しく話を聞いたのだが、その可能性は低くやっぱり偶然が重なって発生した事故と言う可能性の方が高いのではと言っていたが。(後日談:一時停止の路地で待ち伏せをされ、通過時に突っ込んで来られたと、20数年ぶりに話を聞き、確認が取れた)

 

 数日後の早朝、お寺の参拝を日課にしているお年寄りの方が、事故当日の発生時間頃に路地付近に外車が止まっていたのを目撃していて参拝時に私に伝えて来た事があり、今後、事件化する為に証言をして貰えませんか? と、お願いしたら、トラブルに巻き込まれるのが嫌だからそれは出来ないとの事だった。

 

 その後、日本○○党の連中は、大破した車両を参道に置き、表札を立、貼り紙を貼り、お寺の警備員に攻撃されたと言う旨の文章をしばらく載せていた、お寺を攻撃する材料を手にして誹謗中傷の題材としていました。

 

 Sテックでは、事故を起こした警備員T氏の身の安全を確保する為に、現場を外し、退職させた事にして、他の警備現場に配置を変えて、その後提携している警備会社に事情を説明して、同待遇で雇用して貰い、日本○○党の連中に、身元、所在を突き止められない様に色々と手を尽くしました。

 その後、その警備員T氏は、日本○○党の連中に「ヒットマンと呼ばれ、日本○○党から、最も恐れられた唯一最強の人物」と言う事で第二警備隊の仲間内では、伝説となり、今でもどこかの警備会社で警備員を続けていると言う風の便りで聞いています。(見た目は、サザエさん一家の波平さん風?)

 

凄い人物だ!

 

 

 

※テロ対策・ストーカー対策は、オオネスト レスティー コップ

  スペシャル セキュリティー

   http://ohnest.com/?page_id=43