フィンガーボールのこと ~手を使える合図~ | 一軒家レストラン倶楽部
2005-09-10

フィンガーボールのこと ~手を使える合図~

テーマ:テーブルマナー

フィンガーボールとは、金属やガラスの器に水を入れたもので
汚れた指先を洗うものです。
中には、レモンのスライスが入っていたり
花びらが浮いていたり、水ではなくぬるま湯の場合もあります。
今では、飲み水と間違えて飲む人はいないと思いますが
昔は勘違いして飲んだという人もいたそうです。



フィンガーボールが出てきたら
その料理は手を使って食べてものよいという意味です。
しかし最近の料理は
手を使わなくても食べやすく調理されています。
最初はフォークとナイフでトライしてみて
それでも難しい場合は、手を使って食べてみましょう。



食べ終えた後は、フィンガーボールを使って油分を落とします。
まず、フィンガーボールに片手ずつ交互に指先をつけます。
このとき洗う部分は、指先だけ(第二間接くらいまで)で、
水の中で軽くこする程度の動作をしてください。
洗い終えた後は、指先に付いた水分を軽く落とし
最後にナプキンでふきましょう。

 ※ナプキンは口と手をふくものです。
  だからこのとき、ハンカチを使ってはいけません。


restaurantさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス