今日は,自分の自己紹介をしたいと思います。

僕は,北海道旭川市生まれです。

幼いころからモノを作るのが好きだったので,幼稚園時代の将来の夢は「大工さん」

小学校でも,親はおもちゃを買って与えることなんてしませんでしたので,自分で遊び道具を作っていました。

親はキャンプに毎週のように連れて行ってくれていたので,自然の中で遊ぶのは今でも大好きです。

そんなとき,NHKでロボットコンテストを見ました。

学生が自分たちで一からモノを作り上げて活躍する姿に感動し,高専に進みたいと思い始めました。


中学校になり,その気持ちはますます大きくなりました。

人から喜んでもらえることが好きだったので,

「人の役に立つモノづくり」を目指そうと思うようになりました。

このころの将来の夢は,「工場長」です。

自分の工場で,自分の好きなものを作りたいと思っていました。

今でも,高専の面接試験でそれを伝えたのを覚えています。


そして高専時代。

非常に楽しく,大切な経験もたくさんしましたが
(このあたりの話はまた別でお伝えしたいですね)

正直言って,勉強はテスト前以外ほとんどしませんでした。

バイトと部活に明け暮れ,毎晩のように遊びに出かけ,成績はどんどん下がっていきました。

姉は非常に熱心に勉強していたので,

よく親には,

「お前なんか,大学に行けるわけないだろ」

と言われたのを覚えています。

反抗期も絶頂期で,親と会話することもほとんどありませんでした。
(反抗期にあったこともいずれお話ししたいと思っています)



そして5年生になり,進路を決定するときに選んだのは九州工業大学。

「なぜ北海道から九州に?!」

とよく聞かれましたが,これには理由がありまして,

今はわかりませんが,当時の九工大は,高専からの編入学の場合,筆記試験がなかったのです。

僕のヒドイ高専時代の成績は提出されてしまいますが,

審査は面接のみ。

面接だけは自信があったので…

で,なんとか合格し,九工大へ通うことになりました。


入学してから,面白い授業にあたりまして,

人間の機能を,数式でアルゴリズム化し,そのハードウェアまで作成するという分野です。

そこで人間のすごさを実感するとともに,この分野で人間みたいなロボットが作れれば,

それこそ「人のためになるモノ」だろうと思えました。

さらに,研究室では今でも恩師と呼べる教授に出会いました。

失礼なことに,当時僕はその教授の名前も知りませんでしたが,

世界で初めてあるICチップを開発した方で,

そのバイタリティーといいますか,人間力は僕の目標の一つになりました。

(ちなみに不思議な関係があるもので,当時の僕の研究テーマはロボットの自立学習に関する研究です。)


そのまま大学院で進学。ここでも試験はありませんでした。

つまり,筆記ゼロで大学院生になったのです。

そして,そのツケがここでやってきました。

大学院入学時,英語の試験がありました。

僕は昔から英語が苦手で…ずっと避けてきたのです。

試験内容は,50問の4択問題。


で,僕の点数は…


2点


確率的にもおかしいくらいの点数です。

間違いなく最下位だったと思います。

さらに追い打ちをかけたのが,

大学院1年生のときに,研究結果を国際学会で発表することになりました。
(この学会は,当時流行したSARSの影響で,最終的に中止になりましたが)

もちろん,英語で論文を書かなくてはなりません。

そこで僕がとった方法は,

北海道から中学校時代の英語の教科書を送ってもらい,

400字(入試の長文くらいの長さ)の原稿を3か月かかって書きました。

そして,教授に提出しました。

わずか3秒後…

「お前,be動詞くらいしっかり使ってこい」

と,言われてしまいました。

当時23歳,be動詞がわからない大学院生でした。

「こんな状況じゃ,就職しても活躍なんてできやしない…」

と悩む日々でした。


そんな時に,当時の同級生で世界一周を終えてきた仲間が,ペラペラを英語を話す様子を見て,

僕も海外へ行けば話せるようになるだろうと,安易に思いました。

そこで,車も手放し,ほぼ自炊で過ごし,バイトをしてお金をためて,

1年後カナダへの語学留学の決意をしました。

教授には

「そんなんで海外に行っても遊ぶだけで,英語なんて身につかん!」

と猛反対されましたが,

カナダ留学の半年後には,ニュージーランドの研究室に半年在籍すること

を条件に,許可をもらいました。

つまり,カナダで必死にならなければ,半年後はとんでもないことになるわけですね。


そんなこんなで,カナダへ出発。

行けば何とかなるだろうと,思っていましたが,何ともならない現状がそこにはありました。

空港では何も答えられず不審がられ,

ホテルでも何も答えられず,変な顔をされ…

一番衝撃的だったのは語学学校。

最初に入ったクラスが,一番下のクラスでしたが,

みんな英語をよくしゃべるんですね。

僕は先生の言っていることすら全く分からず,

ただただ黙って日々を過ごしました。

ホームステイ先でも,ひたすら部屋に閉じこもり,沈黙。
(ホームステイと言っても,ただ部屋を借りるだけで,基本的に家族と接触はない形式です)


完全にひきこもり状態でした。

当時,僕は携帯電話もパソコンも持っていました。

でも,人と関われない限り,最新技術は全く役に立たず。

かといって,話す勇気もわかない。

「ハロー」の一言を発するのが怖い。

そのあと,どう話していいかがわからないから…

自分で選んできたのに,失敗か…と涙をこぼす毎日でした。


こんな自分を見て,ホームステイのお母さんが心配して食事に誘ってくれました。

そして,簡単な英語で,ジェスチャーも交え,ペンで文字を書きながら僕に伝えてくれました。

「初めからできる人なんていないよ。でも,失敗を恐れていたら何も進まないよ。

ちょっと間違ったって,どうせ他の人は気にしていないから。気楽に口を開きなさい。」

この言葉に,とても勇気が出てきました。


そして,もう一人。同じクラスに韓国人の女の子がいました。

彼女も,英語は上手ではなかったのですが,(当時の僕にはペラペラに聞こえましたが)

クラスでただただ沈黙している僕に,毎日何かしら話しかけてくれました。

僕は,何も返せなかったのですが,それでも笑顔で毎日話しかけてくれました。


何か動かなければ…

そう強く思いました。

恐れて動かなければ死んでしまう。

自分で動いて,何かを変えなきゃ…


それからは,本当に勉強をしたと思います。

前日に,あらかじめ話す文を数文考え,何度も暗誦し,覚えてから人に話すことから初め,

朝8時から夜の12時まで英語を勉強しました。

日本の友達ともずっと英語で話しました。

発音も習いたかったので,授業後に残って教えてもらいました。

もちろん,英語で説明されても分からないので,舌を動かす様子を実際に見せてもらい,

その通りに発音する練習。他から見れば,にらめっこをしているようにしか見えません。


でも,そのおかげで,1か月くらいするとクラスのみんなと話せるようになりました。

友達もたくさんできました。

僕はお金がなかったので,よくご飯をごちそうになりました。

この時あたりから,

「あれ?人に一番役に立てるのは,人か…?」

と思い始めました。


その後は本当に楽しく過ごしました。

いろんな国の人と話せ,世界を知るきっかけにもなりましたし,

外から見た日本も知ることができました。


そして半年後,1週間だけ日本に戻り,すぐにニュージーランドへ行きました。

最初は大学の教授も一緒に来まして,ニュージーランドの研究室の仲間と話す機会がありました。

その時の僕の様子を見て,

「それくらい話せるようになるなら,海外留学もいいかもな」

と教授が考え方を変えて言ってくれたことは,僕の大きな自信になりました。



ここまでは,自分は将来博士号をとって研究者になることを考えていました。

ですが,このニュージーランドの研究室での出会いが,方向転換の決定打でした。

そこのトップの研究者の方とよくお話をしていたのですが,

彼がよくいっていたのは,

「研究は面白い。でも,本当に人を幸せにできるのは人だから。将来は牧師さんになりたいんだ。」

と。

彼は熱心なクリスチャンでした。

僕はクリスチャンではありませんでしたが,彼の考えに感銘を受けました。

世界中を駆け回り,活躍している研究者でも,そう思うのか…


今まで工学一本で進んできましたが,これをきっかけに教育業界へ行こうと心に決めました。

自分で塾を開きたいと思ったのは,このころです。

自分が自分で道を切り開いて,そして教える生徒にも自ら道を切り開き,社会貢献してほしい。

それこそが,人のために一番役に立つことだと。


ですが,今まで教育の勉強なんてしたこともなかったので,

とりあえず勉強になるところに就職しようと思いました。


僕が帰国するのは5月。日本に戻ってからでは遅いので,

ニュージーランドからインターネットで塾を探しました。


当時,就職サイトから探せた塾約170社。

すべての会社の理念を読みました。

その中から,点数だけでなく,「人間性の向上」を目標とした塾を探しました。

そして選んだのは,岐阜のとある塾です。

短期的な結果だけ。学歴だけ。点数だけ。

そんな塾がたくさんあった中,その塾は本当に生徒の将来を考えていました。

即,応募しました。


日本に帰国し,教授に方向転換を伝えました。

また反対されるかと思いましたが,笑顔でOK。

「お前,もう心に決めているんだろ?」


大学院を無事卒業し,岐阜へ渡りました。

自分が今まで学んできた分野とは全くの別世界で,最初は戸惑いました。

授業大失敗,生徒が不満げにかえる。

生徒と大喧嘩。ついでに上司とも大喧嘩。



そんな自分でしたが,周りの人々が本当に協力してくれたおかげで,

教室責任者になることが出来ました。

素敵な生徒たちにたくさん出会えました。

保護者の皆さんにも温かいご支援をたくさんいただきました。

会社の皆さんも大好きでした。

いえ,今でも大好きですよ!



最初は5年で辞めて,自分で始めようと思っていましたが,

そんな心地よさがあり,もっと長く居座ってしまいました。

このままでもいいかな…と思うこともありました。



ですが,生徒に

「自分で道を切り開け!」

とか

「挑戦しろ!」

とか

いろいろ言っているうちに,一番できていないのは自分ではないかと思いました。

結局,現状に甘えているのは自分だと。

塾のブランド,信頼をバックに,胡坐をかいているだけだと。

そんな自分では,生徒に示しがつかないと。

自分は自分でやるんじゃなかったのか。

本当にやりたかったことをやらずに人生を終えるのはダメだと。


自分の担当校舎が移転することもあり,キリも良かったので,今年の春に退社しました。

自分の開校場所として選んだのは,ここ福岡。

理由は単純に,大学時代に住んだ福岡が好きだったから。


引っ越してきてから半年,こちらでも多くの人の支えを頂きました。

常に前向きに応援してくれる家族,地元の友人。

右も左もわからない状態から親切に対応し,常に気にかけていただいている不動産屋さん,オーナーさん。

久々にもかかわらず,協力してくれる大学時代の知人・友人。

離れた場所でも支援の連絡や手紙をくれる,前の会社の皆さん,生徒達。


今まで関わっていただいた方々のためにも,精一杯頑張ります!


非常に長くなってしまいました。しかもまとまりもない…

もし,ここまで読んでいただけましたら,感謝感謝です。

有難うございました。