「LGBTの学校生活調査」の結果全公開へ! | いのちリスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン

「LGBTの学校生活調査」の結果全公開へ!

昨年末に当団体が実施した「LGBTの学校生活実態調査」 がまとまりました!

 

「2013年末時点で10歳~35歳以下」かつ「関東地方で小学校~高校生の間を過ごした」条件に該当するLGBT当事者609名からの回答をもとに、金沢大学人文学類の岩本健良准教授の助言のもと集計しました。

ご協力いただいた皆様、この場をお借りしてあらためて感謝申し上げます。

 

全調査結果の報告書こちら です。

(すごいボリュームあります)。



調査の結果からは、


----------------------------------------------------------------

 

LGBTは、小学校~思春期の頃に自分自身が多数派と異なることを大半が自覚する

・しかし、小学校~高校まで男子5割、女子3割誰にも相談できなかった。

・学校文化において男子集団のほうがいじめや差別への恐怖が強い

・“カミングアウト”するときに選ぶ相手の大半は同級生(6~7割)で、学校の先生や親など「大人」を選ぶ割合は低い。

・性別に違和感を持つ男子は、いじめのハイリスク層で、深刻ないじめを5学年以上にわたって受けている例が多い―。

 

-----------------------------------------------------------------


など、これまで国内調査では明らかにされていなかったLGBTの実態がデータとして浮き彫りになりました。

 

 

プレスリリース はこちら。

※5月7日(水)17時半~19時にメディア関係者向け説明会を行います。

早稲田リーガルコモンズ法律事務所 (http://legalcommons.jp/ )

取材をご希望の方はrespectwhiteribbon@yahoo.co.jp までご一報ください

 

(文責:遠藤まめた)