結果、正直者がバカを見ないために | 田中マイミのオフィシャルブログ 誰もが世界でオンリーワン!! 〜自分らしく生きる為のハピハピ♡モチベーション〜

田中マイミのオフィシャルブログ 誰もが世界でオンリーワン!! 〜自分らしく生きる為のハピハピ♡モチベーション〜

ドン・キホーテ店内ソングミラクルショッピングの作者でもあり、元役員、管理職経験者。リーダー育成モチベーションコーチの田中マイミです!誰もがみんなオンリーワン!!そんな私の日常ブログが誰かのモチベーションのお役に立てれば嬉しいです。


テーマ:
こんにちは!日本の未来にワクワクを!!リーダー育成・モチベーションコーチの田中マイミです。大企業での管理職、役員経験を生かして、次世代リーダーを目指す方や、ビジネスでお悩みの方をサポートさせていただいてます。アーティストとしての感性もビジネスに生かしてきたのでお役にたてたら嬉しいです。 お問い合わせはHP https://futurevision-lab.com YouTubeアクセスはhttps://youtu.be/lUsJsealYxM

 

こんにちわ!  田中マイミです

 

 

しかし、猛暑はいったいいつまで続くんでしょうかね

電車に乗っていると、皆さん汗ダラダラ(-。-;)

そしてクタクタって感じですね

 

私もですけどね(^_^;)

 

 

さてさて、今日は正直者がバカを見ない為にはどうするか?

というお話です

 

 

 

いわゆる生き方の話にもなりますが

 

 

 

「人生は自分に正直に生きなきゃ!だから本当のことを言うのが正解!」

 

 

 

と、若い時から物事を率直に、真っ正直に捉えて

 

 

 

その想いを直球で言葉にしていた私

 

 

 

そのせいで、物凄く人に好かれることもありましたが

 

 

 

今思えば、きっと多くの敵もいたと思います

 

 

 

 

何故なら、今だからわかるんですが

 

 

 

 

あまりにも本当のこと過ぎて、それがネガティヴな場合

 

 

 

 

言われた本人は、こちらの予想以上に傷ついていたと推測できます

 

 

 

若さゆえに、正しいことならばそれが全てだと思っていましたし

 

 

 

何より、それを言ったら相手がどんな気持ちになるのかを

 

 

 

しっかりイメージ出来ていないのに

 

 

 

正しいからと言う理由で、言葉を投げてしまっていたと思います

 

 

 

 

そんな風に生きていた10代の時期には、今のような俯瞰目線は

 

 

 

 

存在していなかったし、誰かを知らない間に傷つけていたかもしれません

 

 

 

 

なので、そんな時期の自分に対して今は反省しておりますm(_ _ )m

 

 

 

 

 

では、正直な気持ちを押し殺して生きているのかと言うと、そうではなく

 

 

 

 

むしろその本質は全く変わっていない(*^ー^)ノ

 

 

 

 

でも、とても大きく変わったのは

 

 

 

 

その言葉を言ったら相手はどんな気持ちになるのかを

 

 

 

 

 

しっかりとイメージしてから言葉を選んで話すようになったわけです

 

 

 

 

 

人には今言われてわかることと

 

 

 

時間が経ってからわかることがあり

 

 

 

時間軸は人それぞれで

 

 

 

受け入れるタイミングもそれぞれなのです

 

 

 

だから、きっとこの方がいいだろう、や

 

 

 

あなたは今こうなんじゃないの、とか

 

 

 

相手が受け入れ態勢ではないのに

 

 

 

これが正しいと言う理由で言ってしまうと

 

 

 

それは、相手の心を閉ざし、場合によっては傷つけてしまい

 

 

 

本来の付き合いすら壊れてしまう可能性が出てきてしまう

 

 

 

 

あなたの為に言ってるんだ

 

 

 

あなたのことを思っているから

 

 

 

あなたが心配だから

 

 

 

それは間違っている、これが正しいんだ

 

 

 

などなど

 

 

 

それが本当に心から相手を思って言ったとしても

 

 

 

結果、それが相手の気持ちに入らないものを

 

 

 

強引に渡してしまうのは

 

 

 

相手からしたら、迷惑そのものに感じてしまう

 

 

 

せっかく、本気で真心ゆえに伝えた言葉は

 

 

 

あなたの心に大きな棘となってブーメランのように戻ってきてしまいます

 

 

 

 

いわゆる正直者がバカをみてしまう一つの例です

 

 

 

 

 

ではどうすればいいのでしょうか

 

 

 

 

 

もしも、どうしてもその言葉を相手に伝えたいのであれば

 

 

 

 

 

とにかくタイミングを見計らいましょう

 

 

 

 

いつだったら話を素直に聞いてくれるのか

 

 

 

 

それが、1ヶ月でも1年後でも

 

 

 

 

本当に相手のことを思うのであれば

 

 

 

本当のことを言いたいあなたの時間軸でなく

 

 

 

受け入れ態勢が取れる相手の時間軸に

 

 

 

合わせていくことが、本当に相手を思うと言うことではないでしょうか

 

 

寧ろこちらが何も言わずとも

 

 

時間が経てば、自ら気づいてくれることもよくある話です

 

 

 

 

私は、それに気づいてからは

 

 

 

 

コーチングの時でもそうですが

 

 

 

 

仕事の時もプライベートでも

 

 

 

 

タイミングを大切にしています

 

 

 

 

 

例えば、上司に本当はこの方がいいと思うことがあった場合でも

 

 

 

 

上司のタイミングを確認してから報告していました

 

 

 

 

全く人の話を最初から聞く耳持たない上司に対しては

 

 

 

 

相当な時間と忍耐力が必要にはなりますが。。。。(;^_^A

 

 

 

 

 

(そう言う場合は、触らぬ神に祟りなし的な対応も必要な場合があります( ̄_ ̄ i))

 

 

 

 

いずれにしても、今正直に言った方がいい場合と

 

 

 

今じゃないでしょ!と言う場合のタイミングを

 

 

 

相手の感情をしっかりイメージしてから

 

 

 

言葉がけをしていけば

 

 

 

多くの場合

 

 

 

 

正直者でもバカは見ずに済みますから(°∀°)b

 

 

 

 

もしもあなたの周りで正直者が失意のどん底に落ちて行ったのを見てしまったとしても

 

 

 

 

それは、その人にもまだ気づいていないやり方をしたのであって

 

 

 

 

あなたは恐れおののいて、正直であるはずの自分の心を閉ざすのだけはやめましょう

 

 

 

 

そうなると、今度は自分自身で自分を苦しめてしまいますから(・・;)

 

 

 

 

そうではなく、どうすれば、相手のためになるのかを

 

 

 

 

本気で思うのであれば

 

 

 

 

相手の立場に立って見るのが大切だと言うことです

 

 

 

正直者は愛を見る!!です:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

■お知らせ 

フューチャービジョン・ラボでは、体験コーチングセッションのお申し込み受け付け中です。 

 

 

体験コーチングセッション特別限定価格60分¥10,000(税込)対面もしくは(Skype、LINE, messenger)

対面の場合は東京都内で場所の指定をさせていただきますのでご了承ください。

 

☆ 20代の方にはキャリア応援ということで特別価格でのコーチングセッションを行っています。

本セッションの価格など詳細は体験コーチングお申し込みされた方にお知らせいたします。

 ぜひ、この機会に!!

 

こちらからもお申込みいただけます!!

https://peraichi.com/landing_pages/view/futurevisionlab

 

 

お申し込みいただきましたら、返信メールをお送りさせていただきます。

お問い合わせはinfo@futurevision-lab.comまで!

 

体験セッションお申し込みフォームはこちら

 

お客様の声はこちら

 

 

 

 

応援お願いいたします! ↓↓↓↓↓↓↓ポチッと押していただけると嬉しいです。

  人気ブログランキング

まいみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント