豊かな冬山の楽しみ

テーマ:

冬山は野鳥観察も楽しいです。

冬枯れした樹々は枝の先までよく見通せるので、立ち位置によっては簡単に見つけられるかと思います。

 

名前も生態もわからない野鳥たちだけれど、さえずりを耳にしたらさてどこにいるか探します。

さえずりが聞こえてきたら、樹冠(木のてっぺん)に目を向けてみてください。

種類によってはだいたいそこにいます。

写真を撮るのもいいですが、視野の狭い望遠だと小さな身体をせわしなく動き回らせるその姿を追うのは難しいかもしれません。なのでここはじっと、彼らを見つめてみます。

 

鳥の種類にもよりますが、短い声で鳴いていたら彼らはこちらの存在に気がついて警戒しています。

目をこちらに向けていれば、きっとカメラを向けた途端に逃げてしまうでしょう。

なので、邪魔する気はないよと念じながら必死に追うのはやめます。

彼らは街の鳥以上に、間合いに敏感なようですから。

 

あの小さな身体で氷点下の夜も越えていけるのが不思議です。

野生の一生は短いといいますから、今年出会った鳥に来年も会えるとは限りません。

その限りある時間を共に過ごせた喜びに浸りながら、また歩みを進めていきます。

 

{10AE6F77-BFED-436E-A7F4-CF52B24C96CA}

 

{139BB13C-F3DF-4BE6-A7CC-3A6BB0D133BE}