ひとり夏フェス

テーマ:
8月ももう終わります、朝夕は段々涼しい日も増えて、9月になればさらに秋めいてきそうです。皆さん夏は楽しめましたか?夏といえば音楽フェスですね、お店に来られるお客さまからもフェス行ってきました!というお話を聴くのが楽しみの一つです。私はというと人混みが苦手なので、お土産話を楽しむことに毎年終わっています。

そこでふと、これまで聴いてきた音楽たちのことを思い出しました。いつから音楽が好きになったのだろう、と。思い出の曲たちを今日はリストアップしてみました。これを読まれる方が好きな音楽に出会えるきっかけになれば嬉しいです。

音楽好きは初めて観たハリウッド映画、マトリックスから始まりました。劇中で使われていた音楽は当時まだ子供だった私にはとてもとても刺激的でした。
それがこちら、マリリン・マンソンのRock is dead.

そしてラムシュタインのDu hast.

終わったあと少し椅子から立てないほど衝撃を受けたことを憶えています。映画好きもこの頃から始まりました。これから狂ったように映画を観ていくようになります。

あとは、吹奏楽部でソロの練習をしたビートルズのHey jude.


音楽の授業で知り、好きになったロドリーゴのアランフェス協奏曲


高校に入り、パワーポップというジャンルを作ったWeezerを好きになりました。


この頃から邦楽にも興味を持ち、くるり、フジファブリックを好きになります。


学生時代には先輩の影響でブルーハーツをようやく知ったり、学生になれば多くの人が聴くであろうRADWIMPSもよく聴いていました。


この頃にArctic Monkeysをラジオで聴いて知り、すっかり惚れてしまってかなり何回も聴くようになります。

そして新社会人となり、たまたまNHKに出演していた神聖かまってちゃんを知り、同僚からはamazarashiを教えてもらいました。amazarashiは何度もライブに脚を運ぶようになります。



高齢者と関わる仕事だったので、必然的に懐メロや歌謡曲を知り、好きになりました。越路吹雪や森繁久彌など。




歌謡曲は、日本の歌詞の情緒表現の豊かさや歌手の歌唱力の素晴らしさを知るきっかけになりました。渥美清、千昌夫、加山雄三、鳥羽一郎を知り好きになったのもこの頃でした。
通勤中によく聴いていたのはメタリカ。特にアルバムRide the lightningを毎日聴いていました。


最近は再び洋楽70年代を聴くことが多いです。レーナード・スキナードやエルトン・ジョン、ビー・ジーズ、ビリー・ジョエル、カーリー・サイモン…Apple Musicに加入もしていまして、これがとても便利。聴きたい曲を探すと8割方ヒットするので、なんてすごいのやら。たくさんおすすめもしてくれるので、知らなかったよい音楽を知るきっかけにもなります。

{2FDD0317-8532-48DD-8CCE-6EEE04330F8C}
記事とは全然関係ないのですが…猫です。カレー屋の横の階段でこちらをジッと観ていました。ブスかわいくてせっかくなので、載せます。
{1193467C-0BC4-4A36-8936-0E5799EDF078}
そしてナンです。ナン大好きです。
AD