こんにちは

 

美しい暮らしの空間アドバイザー

大石 美弥子(おおいし みやこ)です。

 

 

 

ダニやカビが繁殖する条件の揃う、梅雨明けから夏になる前。

 

 

やっておきたい家事はたくさんあります。

 

 

そのうちの1つが寝具のお手入れ。

 

 

皆さまの寝具は、

 

お布団ですか?

 

ベッドですか?

 

 

ベッドの場合マットレスのお手入れは、その大きさゆえ体力が必要。

 

 

この作業、蒸し暑い日にやると汗だくになりますので、今のうちがおススメです!

 

 


やり方は、まずシーツやカバーを外し洗濯機へ。



それからベッドマットレスに掃除機をかけていきます。

 

 

 

側面もかけます。


表面と側面をかけたらそのまま立てかけておきます。

 

 

ベッド本体の端っこのホコリを拭き取る、又は掃除機をかけます。

 

 

枠のホコリも拭き取ります。

 

 

長い間やっていないと、粉雪の様にホコリが積もっていてビックリしますよ!Σ(゚Д゚)

 

 

この時ついでにベッドを壁から少し離し、壁面巾木のお掃除もお忘れなく。

 

 

ベッドを戻し、マットレスを戻します。

 

 

この時、マットレスは表裏と上下をひっくり返します。

 

 

身体の圧力がかかる所や身体から出る水分を吸収する場所を定期的に変えた方が、マットレスは長持ちするそうです。

 

随分前、ペンションで働いていた方から教わりました。

 

 

ひっくり返したら、今まで裏面になっていた表にする面に掃除機をかけて終了。

 

 

ベッドにはこのようなお手入れが必要です。



ですから、これからベッドを購入される方は出来るだけシンプルな形の物をオススメします。

 

 

なぜシンプルなものが良いのかという1つの例として以前、家事代行サービスの仕事をしていた時の作業例を上げてみます。

 

 

月に1度、ベッドのお手入れをするお宅を担当していたことがありました。

 

 

そのベッドは引き出し付きのもの。

 

 

その時の手順は

 

・シーツやカバーを外し、ベッドマットレスに掃除機をかける。

・ベッドマットレスをどかせる。

・引き出しの奥にたまるホコリを掃除するために板を外し掃除機をかける。

・更にノズルを変えて隅々まで掃除機をかける。

・床と引き出し部分の底とのわずかなスキマにたまるホコリを取り除くため、掃除できるところまでベッドを移動させる。

ベッドの下と巾木を掃除する。

・枠のホコリを取り除く。

・板を戻す。

・ベッドマットレスをひっくり返して戻し掃除機をかける。

・年に1度、引き出しを外して中まで掃除する。

 

引き出しつきベッドのお掃除は、赤で書いた部分の工程が増えます。

 


そうです。

 

お手入れがとっても面倒なの(´-`)。

もちろんお仕事なので無心でやりましたよ!

 

 

安東先生も

 

・ベッドを買うなら引き出しがついていないものよ!


・掃除機のヘッドが入るか確認してね!

お掃除が楽だからね ♪

 

と、何十年も前から!?おっしゃっています^^

 

 

ベッドとマットレスのお手入れは、なるべく乾燥した涼しい日に決行すると良いですよ!

 

 

 

★安東英子先生 セミナー開催のお知らせ

 

株式会社 IN.THE.HOUSE

東京 お片付け完全マスター

満席となりました

日曜日コース 

1回目 6月17日・2回目 7月1日

詳しくはホームページから ➡ ★

 

 

一般社団法人 日本美しい暮らしの空間

プロデュース協会 

アドバイザー育成セミナー

7月開催

7月7日・8日・14日・15日 

詳しくはホームページから ➡ ★

 

 

いつもご訪問ありがとうございます

安東流お片付け たくさんの方に知っていただきたい♡

にほんブログ村ランキングに参加しています

クリックするとランキングにポイントが入ります

 

 

本物のお片付けをご一緒に

Let's tidy up !

安東流お片付けの詳しい説明はこちらをご覧ください

全国のアドバイザー紹介  

 

活動地域

 東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県

西武新宿線 小平・花小金井駅より

お客様宅まで電車で片道90分程度

☘ お気軽にご相談ください ☘

 

お問い合わせ・お申込み ➡ ★