謎校則、独自の教育方針、スクールカースト。

親と子ども、それぞれの目線から見る「学校」への叫び。

正しい学校の在り方なんて、どんな授業でも教わったことがなかった。

どうすれば、もっと学校生活をうまく送れたのか?

そもそも、うまくいかないのが「学校社会」ってもんなのか?

皆さんは、大人になった今だから言える「学校への叫び」ありますか?

 

【保護者目線】

◇保育園上がりの子は「山猿」!?小学校入学前から決まっていた「保護者目線のスクールカースト」

画像1

待機児童が多い中、苦労してゲットした保育園に通える権利をみすみす手放すなんてもったいない!なぜ?と思っていたら、それは意外な理由でした。

「だって、保育園では何もしてくれないから。保育園上がりの子が、小学校に上がった途端、何てよばれるか知ってる?山猿って呼ばれてるのよぉ」

なに!?

(続きはこちら)

 

◇PTAって本当に必要ですか?役員をやれなくもない。けれどやらない理由。

画像3

母親には、仕事、育児、家庭があります。

PTAまでやらせますか?

親の負担を増やしてまで、PTAって本当に必要ですか?

(続きはこちら)

 

◇謎校則【下着は「白」のみ】冗談でしょ?上下真っ白の下着なんて、逆にどこに売ってるの?

画像6

驚いたのが下着の色を指定されていた事。

子供が入学する前に説明会で「白のみです」と言われた時は、ビックリしました!白の下着って難しくないですか?ブラもパンティも白、ワンポイントも無しってどこにある?

(続きはこちら)

 

【生徒目線】

◇生徒会長になった私が思う。生徒会長の定義ってなんだろう。

画像4

ある時先生は言った。「生徒会長ってみんなにラーメン食い行こうぜ!って言って、みんながついてきてくれるような、そういうのが生徒会長じゃないんか?」と。

(続きはこちら)

 

◇恋バナを知らないと情報弱者!? イマドキ女子の「情報」の定義

画像5

私が通っていた学校では、「クラス冊子」という、簡単にいうとクラスメイトのプロフィールやクラス内でのさまざまなランキングなどが載った冊子を作るのが伝統だった。

別にほとんどは大したランキングでもないのだが、一つだけ衝撃的だったものがある。

それが、「情報弱者」ランキングの3位入賞。なんと、スマホを持っていない男子2人に続いてのランクイン。

(続きはこちら)

 

◇わたしの「青春」を邪魔した人たち、全員ばっかみたい!部活なんだから楽しくやらせてよ!

画像2

虐待「サレ娘」のわたしが、ソフトボール部。

球技って、楽しい!

汗かくのって、楽しい!

いやなことを、忘れられる。

と、思っていたのに・・・そう簡単にはいかないのが人生ってもん。

わたしの青春を邪魔する厄介者が次々表れた。

(続きはこちら)