こころと身体 | 敬助の近況報告

こころと身体

移植手術を受けてから今年で10年の敬助です。

これまで身体的には問題も無く過ごせてきました。

本人の意識はもちろんですが、家族の意識も重要だと感じます。

移植者は、一生飲み続けなければならない薬があります。

免疫抑制剤を飲み、拒絶反応から心臓を守る。

しかし、それに伴うリスクも多いわけです。

一番の心配は癌のリスクが高いことです。

この10年で感じたことは、栄養バランスやメンタルのケアが重要な気がします。

暗中模索の中、あるサイトにたどり着きました。



宮川先生は、大学で教鞭を取られながら産業医としても働かれています。

医療費を削減するという大きい目標のために、正しい情報発信を心がけていきたいと仰っています。

私も自己責任の中で取り入れて行きたいと思います。