退院から丸4年

テーマ:
◼️告知後1633日目、退院1461日目


誕生日よりも大切な日、8月20日。

今日で退院からちょうど4年の月日が経過した。


再発の不安を胸に外へ放り出された2013年8月20日の感情はブログにも記しているが、殆ど嬉しくなかったのをよく覚えている。

白血病が治っているのかどうかは既に退院時に決まっているのだが、現代科学では骨髄中の全ての細胞や染色体をスキャンする事は出来ないので、完治の判断は再発するかどうかで5年の経過を待つしかない。

その場ですぐに分かってくれれば退院後少しの体調変化で気を揉む事もないのだが、居るのか居ないのか分からない悪の親玉のせいで退院したがん患者がこの5年間をいかに長く感じるか…。


4年間再発もなく過ごせた事は本当に“ただの運”であると思うけれど、しかしその運を手繰り寄せる為に本当に多くの方々が尽力してくださった事は生涯忘れてはならない。


いよいよ本日から残り1年のカウントダウン!

今からちょうど1年後に書くブログ記事のタイトルはもう決まっている。

どうか平穏無事にその日を迎えられますように。


そしてまた一人の人間が白血病に打ち克ったっていう希望をどうかどうか残せますように!
AD