レオン治療院のブログ

習志野市津田沼のレオン治療院です。

ツライ症状やお悩みを相談できるように

分かりやすいブログにしていきます!!


テーマ:
肩関節周囲炎(四十肩や五十肩)になってしまい2年くらい肩が正常まで動きません…

とご相談いただきました

肩の関節可動域が狭く痛みも強いため動かすのもツライそうです

安静期に温めたり動かしたりし過ぎてツラくなってしまい、その後は動かすことを避けてきたため処置と関節可動域改善が逆になってしまったみたいです

鍼なら改善するかもと来院してくださいましたが、関節を動かすことも大切なんです

でも動かすと痛みが強いので、痛みを軽減するように前に持続的な臼蓋上腕靭帯の下部のストレッチをしましょう


どのようにストレッチするかというと↓

{24587F53-1116-4460-B182-F04D53D8BFE9}


痛みのある右肩を上にして体幹の右側屈が起こるように枕の位置を高くします

あとは横になるだけ


現在の右肩のアライメントは上方回旋・過外転にのっているので猫背の状態

肩甲骨の上方回旋では肩の上部関節包靭帯が伸張・下部が短縮します

これを枕を高くして側屈位で横になることで下方回旋・内転にします

これによって持続した靭帯のストレッチが出来ます

これはお家で行なってみてください

テレビ見るときとかで構いませんので

本来は下方回旋に誘導するアプローチで靭帯の伸張を行なうのですが肩関節周囲炎が2年も続いているので軟部組織がかなり硬くなっています

短縮している筋肉を鍼で緩めて、筋力低下している筋肉を鍛える

これで可動域は拡大していくのですが、靭帯は伸び縮みしにくいのでゆっくり時間を掛けてストレッチして欲しいんです

横になるだけなので難しくないですよね

靭帯への伸張アプローチと合わせて少しでも早く関節可動域の拡大を目指さないと肩が動かなくなってしまうので少し痛くてもどんどん動かさないとダメです

合わせて骨盤のアライメント改善によって脊椎の正常化と頭部前方移動の改善によって胸椎後弯を改善する必要があるのでお家でもエクササイズを行なってくださいね




















これらのエクササイズも肩関節の可動域拡大に必要なのでお願いします







今日も差し入れをいただきました

{77DBB754-18BD-4B55-BCFB-0230F8420945}

栗あんぱんとちょこまどれーぬ

美味しそう

お手紙までありがとうございます

肩こり改善とレオザップは新しいエクササイズが追加されたので続けてくださいね

結婚式までお二人共頑張ってください

大胸筋上部を意識してトレーニングするとタキシードも綺麗に着こなせますよ




診療時間・ご相談受付時間

午前  9:00〜12:00
午後  14:30〜19:30

予約診療のためお問い合わせください

047-454-3615

住所
千葉県習志野市津田沼4-8-11  ティアラ津田沼Ⅱ-A

車でお越しの方は治療院の前に駐車場がありますのでお使いください

休診日
月曜日午後・木曜日

土日祝日も診療しています


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

レオン治療院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。