NEET株式会社のレンタルニート

NEET株式会社の事業、有り余る時間でみなさまと一緒に遊ぶレンタルニートです。
連絡はメール【dsq2165@gmail.com】、LINE【@MZE8828E】まで。


テーマ:

2007年発売の「シャア専用ケータイ」に付属していた充電器ラック、1/12シャア専用ザクヘッドの塗装製作代行を受け付けました。

 

あくまでも付属品ですが組み立て式であり、なかなかない1/12サイズのザク頭のプラモデルのようです。

 

【塗装前】

作業補助台や食卓としていつも使ってる学校の机に乗せてみる。

で・・・でかい!

 

人間の頭ぐらいの大きさがある。

 

このようにパカっと上部が開き、中心部にある充電器に携帯をセットすると充電中は画面にザクのモノアイが点灯するようです。

 

なんとも遊び心にあふれてますね。ちょっと欲しい。

 

今回はこれをシン・マツナガ専用機みたいな感じで白く塗ります。

また、機能停止して放置されボロボロになったような状態を再現してほしいとの要望だったので、キズや汚れを塗装により演出します。

 

 

【塗装開始】

 

扱ったことのないサイズのパーツをまずは台座や内部フレームから塗装。

しかしながら細かいパーツが大量に入ったMGモデルなんかよりは1個1個のパーツが大きく、総パーツ数が少ないという意味では楽だ。

 

 

そして下地としてまず真っ黒に塗ります。

 

動力パイプだけでこの大きさ。

 

 

そして次に本体の白いカラーを塗装します。

エアブラシ塗装ならではの方法ですが、部分的に黒い色を残しながらグラデーション的に塗料を吹き付けます。

 

最近ブログに載せてる完成品ではあまりやっていませんが、パーツのエッジやミゾ周りに陰影を残すような手法として以前からよくこのやり方をよく使っていました。

 

影がつくとガラリと印象が変わって見栄えしますよね。

この方法、普通サイズのプラモデルに使っても渋い感じでとても似合います。

 

 

メインの塗装が終わったらエナメル塗料を使い、

筆で塗装剥げやサビ汚れなどの表現をつけていきます。

 

カドが立っていて傷が付きやすそうな場所の塗装剥げ、雨汚れやオイル汚れ、ダクトからの排気によるスス汚れ等々、ハデに汚します。

 

べったり塗料をつけるだけではちょっと違うので、

後から溶剤で拭き取ってにじんだ状態にしたり、筆のかすれによる跡をつけたりして工夫します。

 

下地の黒が透けている部分と合わせて、汚れの色の濃さに変化がつく感じになると立体感が出るのでよい。

 

汚し終えたらツヤ消し処理をして完成。

 

【完成図】

 

バイザーの部分には砂汚れ表現などに使う粉末をはたきつけ、埃っぽい状態にしてみました。

 

「重たそうに見える!」とtwitterでも反応がありましたが、

最後にツヤ消しをすることによって、まるで固くて重い材質であるかのような印象が得られます。

 

要は表面をホンモノの錆や金属のような色・質感に近づけることが大事なんですね。

 

 

 

こうした塗装法を用いた製作代行や、製作会での講習なども可能です。よろしくお願いします。

 

 

【毎週土曜】プラモデル製作会・製作教室

https://ameblo.jp/rental-neet/entry-12287002076.html

 

プラモデル製作代行の注文はこちらから

https://ameblo.jp/rental-neet/entry-12085958974.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なかさまさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。