来まっし小松!福島キッズ!!

夏休みだよ全員集合2018

おかげさまで今年も全員集合して

終了することができました。


たくさんのご支援、ご協力、ご声援等

本当にありがとうございました!


このキャンプは今年で7年目。

15回のキャンプを開催してきました。

小学生だったキッズが

高校生になって小学生キッズのお世話をしてくれる。という。最高の循環が微笑ましく幸せです。


小学生高学年も中学生も

どんどん、手伝ってくれる姿勢が見えます。



自分で考え、自分で動く。


間違うことが悪いことでなく、

間違いを恐れて動かないこと、

間違っても糧にしないことがもったない。





6年間お世話になった自生園バスとのお別れ。

みんなが本音で本気で関わってくれて、

キャンプ1回目参加キッズからの

懐かしい顔や声も聞けて

我々は本当に幸せでした。


すぐに対応してくれて

お忙しい中、みんな

本当にありがとうね^^





同じ地球の上でこれからも
共にがんばっていこーぞ!




このキャンプって、

綺麗事だけでなく、

すべてを受けいれ、生きる事の大切さ。

好き嫌いや感情で動くでなく、

どう立ち向かうか、

物事に対してどう本気で向き合うか。


ひとつひとつの活動に自分で意味を見つけ

己の義を生きるための練習を

デッカい家族となって過ごし、

夏の1ページを飾る(笑)みたいな

と、私は感じている。



今、目の前のことに

どのような在り方で、

どのようなスタンスで関わるか。



これはキッズだけでなく

スタッフはもちろん、

関わる全ての人に対して

このデッカい男たちは

伝えてるんじゃなかろうかと。



様々な経験が人生の糧になりますように!



お世話になったスタッフに
ひとりひとりパンチやタッチをして
福島行きのバスに乗り込みました。








福島にて
いっちゃんありがとうの音頭で
再度乾杯


この変態男達はどこまで行くんだろう

それぞれの義を全うする生き様は

サムライ魂見せて貰ってるといつも思う。


男も女も関係ないっ

それぞれの義を共に突き進んでいこうぞ






今回、スタート時に

郡山市長がお見送りくださり、

さらに、

我々に感謝状とお品を頂戴しました。




アトムのお父さん、

大森さんが取り計らってくださいました。


大変光栄なことで、恐縮しております。

本当にありがとうございます!!


今後も朽ち果てるまで

突き進んでいきます!



最後に


銀魂さらば真選組編より




俺は思う

サムライのあり方はひとつじゃねえ

迷い悩み自分のありかを追い求める

その姿勢こそがサムライなんだと

探し続けろ もがき続けろ

自分だけの誠の道を 選び突き進め!

 



ひとりじゃない
みんな繋がってる



また会う日まで元気でね!