許す心 | 人として生きる上で大切なこと 「こころのものさし」
2018-08-27 00:04:44

許す心

テーマ:御法門

           御 教 歌

 

     何故の うらみやはなの よるの間に

 

       あめにたたかれ 風におとされ

 

 

 綺麗な花も、強い雨風に遭うと散ってしまうように、今日まで光り輝く人生だったとしても、心の在り方一つで一瞬にして失うこともある。

 

このようにお示しの御教歌です。

 

お互い生きていけば色んな出来事が起こってきますが、その中で色々な人と関わりながら暮らしていきます。

 

もちろん、素晴らしい人との出会いもあります。

 

「この人と出会って自分の人生が大きく変わっていった」ということも少なくありません。

 

けれども、素晴らしい人との出逢いだけでなく、中にはとんでもない人がいたりするものです。

 

 ・人を信用させて平気で裏切る

  ・自分の利欲のためだったら手段も選ばない

  ・自分の欲のため人を傷つけようが困らせようが一切関係ない

 

このような人だって身近にいたりするものです。

 

もし、このような人が身近にいて、自分や自分の家族を傷つけたら平気でいられるだろうか?

 

そんな時「おのれの不徳の致すところ」と言えるのだろうか?

 

そんな綺麗ごとで済まされない感情が、込み上げてくる自分がいるような気がします。

 

そこに「絶対許さない!」という感情が起こってくるのは、自然なことかもしれません。

 

けれども、そのような恨み・辛みを持ち続けていけばいくほど、その感情は募るばかりで怨念みたいな心に変わってくる時もあります。

 

その恨み・辛みを持ち続け、物事が良い方に変わることはなく、それどころか、、自分の人生に陰りが見え始めたりするのも確かなことです。

 

結局は、恨み・辛みから得るものはないということです。

 

御指南に


「われをもうらみず人をもうらみず、心をやすらかにくよくよおもはずに御養生なさるべく候。」

「自分自身を恨むこともせず、人をも恨むことなく、心を安らかに色々と案じることもなく、心の養生に努めなさい。」

 

このようにお示しですから、たとえ相手を恨む心が起きても、何時までも引きずらない心に切り替えていきたいものです。


そして、いつかは「相手を許す心」を持てる器の大きな人間になりたいものです。

人を恨むことより人を許せる心を持つことが、どれほど大切なことか。
そしてどれほど素晴らしいことか計り知れません。

 

そのような心の器が大きな人になっていけたら、きっとその人の人生は光り輝くのだと思います。

小牧清立さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス