2017-04-21 00:15:00

身を捨ててこそ

テーマ:御法門

          御 教 歌

 

    捨て見よ 又ひろはるる 事ぞある

 

      これをうそかと 疑ふは馬鹿

 

 

自分考えを捨てれば、却って浮かばれることもある。

それをうそかと疑ってしまう心が自分考えであることを仰せの御教歌です。

 

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」

 

自分考えを捨てていけば、かえって道が開けてくる という言葉です。

 

例えば、小さな船で航海するとします。

 

食料品から日常生活に欠かせないものを積めるだけ積んでいきます。

 

万が一、大しけに遭ったとしたら、船が沈まないよう出来る限りの荷物を捨てれば、命は助かるかもしれません。

 

そのように、人生という航海の旅に出るために、あらゆる準備をして出来る限りの荷物を積み込み、そして出発します。

 

ところが、実際に航海の旅に出て見ると、凪の日ばかりでなく、台風に遭遇する時もあります。

 

そんな時、さっと荷物を捨てたら船も沈まないかもしれませんが、「勿体無い」とか「捨てたくない」という心が強く働くと、結局は船と共に沈んでしまうこともあります。

 

ここでいう要らぬ荷物が煩悩欲のことです。

 

この煩悩欲を皆持ち合わせていますが、それに執着すると道を踏み外すことも少なくありません。

 

執着する心が起こってくるのも、自分考えから起きてくるのですから、自分考えを戒めていくことは大事なことです。

 

御指南

 

「足ることを知りたるは人なり。わが苦を忘れて、人を助くるは菩薩なり。故に菩薩ばかり富みたるはなしと楽しみ勤むべし。」

 
「足ることを知る人こそが人の心であり、我が苦を忘れ人を助けていく人を菩薩というのであり、菩薩になっていくことこそが、まことの心豊かな人となるのである。」

 

このようにお示しですから、煩悩欲に囚われことなく、有るなら有るなりに、無いなら無いなりに足ることを知っての生活をしていくことの方が、却って浮かばれていくようです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小牧清立さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

 

バナーのお持ち帰りは こちらをどうぞ↓

 

 

お悩み電話相談

 

寺子屋@茶屋

 

「心のものさし」が書籍化されました

 

携帯版「こころのものさし」

 

Kokoro no Monosashi English version

 

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。