2010-06-19

うなじの手触り

テーマ:あなたが教えてくれたこと

正直に言うと


短く刈り上げられた

オトコのうなじに

触れるのが怖かった。


ひげの濃いオトコの

剃り跡の

初めて

肌に触れたとき


噛まれるのとも

打たれるのとも

違う痛みに

声をあげたのを思い出したのだ。


オトコは

わたしの戸惑いを

楽しそうに見ている。


シーツの上から

大事なもののように

わたしの背中を掬い


器用に

片手ずつで

わたしの腕をその首に

からませた。


太い首の

毛の短い うなじに

手のひらを

重ねるようにして触れると


思いがけず

おとなしい動物のような

優しい感触だった。


気に入った。

何度も撫でた。


記憶を震わすような

懐かしさがこみ上げ


やがて

オトコが

動きだすまで


母性に似た気持ちで

その愛撫を

わたしは

飽きずに くりかえした。





最近もまた

小説を書いています。

書き続けています。


これは

そんな中の一場面。


ブログは時々

小説のネタ帳に使っています。


来月(7/19~/25)には西荻窪で

小さな写真のグループ展に参加します。

作品は1点です。


また詳しく告知しますので

ブログ読者の方もお会いできたら嬉しいです。


会場にいるときもあると思うので

メッセージなどなどいただければ、と思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010-06-15

ずっと苦しかったよ。

テーマ:オモイデの輪郭

カフェの外のテラスは 

まだ

雨上がりの匂い。


大きな包みをほどいて

わたしの足元に

ひざまずく

あなたを制して


わたしは

自分で

パンプスを脱ぐ。


おしゃれな

アウトドア用の長靴は

わたしのお気に入りの

レインコートと同じ

やわらかな薄緑色だ。


ひざまでの

その靴に

そっと脚を入れると


甲がひんやりとして

気持ちいい。


ありがとう。


色違いの靴をはいた

あなたと店を出て

手をつないで歩く。


舗装した道路にできる

水溜りにわざと入ると

ばしゃん、と

大きな音がした。


はずかしい。


わたしたち

きっと見られてる。


それでも

子供みたいに

きゃあきゃあ言って

はしゃいだ。


人の少ない路地に入って

ライトセーバーみたいに

たたんだ傘を

振り回しあう。


水溜りの中の

さかさまの世界。


一緒に映っている

上機嫌なふたり。


ほんとうは

大人であることを

きちんと確認してから

キスをした。


水溜りの

さかさまの二人に

ちっぽけな

しずくが落ちて


なにかを守るような

いくつもの波紋が

ぐるぐると

重なっていく。






梅雨入り、ですね。

雨の日は嫌いじゃありません。


わざと傘をささずに濡れたり

わざと雨上がりの水溜りに入ったり

本当にします。


今、近所では

タチアオイが綺麗で

近くにたくさん咲いているところがあるので


雨の日は

そこで

色とりどりの大きな花にかこまれて

耳をすませたりします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-04

見せたいもの

テーマ:シアワセのかたち

駅の改札は まだ

雨上がりの匂い。


出てくる人の

たくさんの人の中から

一人の顔で歩く

あなたをさがす。


突然 思い立った出迎えは

さっきベランダで見た

すばらしい

夕焼け雲のせいだ。


あなたの

車窓を流れていく

空を

思い待つ。


ほら

あなた だ。


怒った顔で

ひとより速いテンポで

階段を下り


わたしの胸の

鳴らない電話を

振るわせる。


ねえ

ここだ よ。


答えて

小さく手を振ると

驚いて それから

吹き出すように笑った。


そんなに

おかしいかな。

わたしの

ママチャリ姿。


どんなに恥ずかしがっても

今日は

スーツのあなたを

後ろに乗せて


家まで

土手の上の道で帰る。


大きなかばんは

かごの中。


だから

あなたは両手を

腰にまわして


わたしの髪に

顔を埋める。


鼻先がうなじに触れて

すごく

くすぐったいけど


西の海に続く

川の

橋の上につくまで


わたしの言うとおりに

目をつぶっていて。






自転車の二人乗りが好き。


いけない事?

違法かな?


でも 好きです。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。