財前の意見

テーマ:

例の女性記者の告発について。

女性記者は既婚だそうで。

 

財前に聞いてみました。

 

 

情報がほしくて、一対一で次官と会い、

失敗して?盗聴して他社に売り、

ハニトラ疑いのある女。

 

下手したら、次官に裁判起こされ

下手したら損害賠償が発生するかもしれない既婚記者。

 

財前曰く

「サイテー!!」だそうです。

 

嫁の裏を顔を知って

百年の恋も一瞬で覚めると。

 

夫として妻を助けられないって。

 

ハニトラ疑いは

全部の録音を公表しない限り、

疑惑は晴れないでしょう。

 

次官が一番悪いのはそうだが、

 

いくら被害者と言っても

解決の方法を間違うと・・・

 

自分の家庭も崩壊しかねない。

被害者といえど、

やっていいことと悪い事がある。

 

この女性記者は承認欲求が強すぎた

甘ちゃんでしたね。

 

東大出の国のエリートが女性記者が色気使ったって

重大情報を記者に盛らすはずがないでしょうに。

 

次官だって女性記者の下心わかってて

下品な言葉 連発してけん制したんでしょう。

 

女性記者は考えが甘い。

男を甘く見過ぎた。

 

お前には重要情報は漏らさねーよ ということでの

下品言葉の連発。

 

女として見られてないのに気が付いてなかった

既婚女性が勘違いして「セクハラ」と思っただけ。

 

本当に惚れた女性には

下品言葉連発するはずがないでしょうに。

もっと大切に扱いますよ。

 

この記者は自己評価が高すぎたんだと思う。

 

夫に愛想つかれて

女性記者の家庭崩壊につながらない事を祈る。

 

女の裏の顔を見せると

まともな彼氏、夫は逃げますよ。

 

ハニトラ疑惑+裁判リスクのある嫁の夫って・・・

気の毒すぎる。かわいそう。

女性記者の夫と、次官の家族が一番の被害者でしょう。これ。