Her ancestors were slaves! | Alice Bar

Alice Bar

アリス: 2012年7月19日生まれ。フレンチブルドッグ。
日々の食事: 食事を中心に、今思うこと、感じること。

今月から、入会した英会話教室。



1時間半の、アメリカ出身の先生を含めて女子?4人でのお喋りは

盛り上がって楽しく

気分転換に最適!

そして、かなりの脳トレになりそうです。



先週のお試しレッスンの折に

自己紹介を兼ねて、着ている着物リメイクの説明をしたところ

先生の目が🤩

聞けば、着物大好きだそうで、なんと袋帯も自分で締めるんだそうです。

そして、着付けを学んだのは、私と同じく、YouTube。ウインク



そこで、今回は

私が管理している築115年になる実家のこと。

そこには、曾祖母ちゃんの和箪笥があって、家紋のついた着物が、いくつもあるのよー

(前回、家にはナニモナイ!と書きましたけれど、明治の箪笥と着物は、残してあります。おそらく、今の家を建てる前からのものだと思われます。)

なんて、話をしました。



そしたら、先生・・・



「I envy you!」(あなたが、妬ましいわ!)


「Why?It’s a pain!」(どうして?これって、めんどくさいのよ)



そしたら


「My great grand mother was a slave!So I don’t know about my ancestors!」

(私の曾祖母は、奴隷だったの。だから、私は自分の先祖のこと、分からないのよー)



分かるのは、5歳までは、まだ奴隷身分だった曾祖母の頃まで。何も資料が残されておらず、アフリカのどの地域から、先祖がやってきたのか、分からない。



今、アメリカでは、DNA検査等で先祖を辿ることを手伝ってくれる民間会社があって、結構人気なのだそうです。



先生自身も、ご自分の娘さんのためにも、いつかは調べてみたいと、おっしゃってました。



私の悩み?みたいなものとは

次元が違いますキョロキョロ



シングルマザーへの手当てが、充実している

ここの行政が気に入っている!

と、徳島で暮らして14年。

逞しいですよねー❣️





先生が、ハマっているという、雲丹殻アート。

嵐の後の海岸で、トゲトゲが取れた?雲丹を見つけて、漂白剤につけておいたら、綺麗になるんだとか。

その漂白剤の割合とか、漬けておく時間とかの加減が難しいとか

おっしゃっていたように思うんですけど・・・

リスニング能力の関係で、定かではありません。

悪しからずチュー



けれども、可愛いですよねー💕

初めて、知りましたニコニコ